2017年2月21日 TBSあさチャン! と2月19日〜英仏

2017年2月21日、TBSあさチャン!に、すこし出演予定です。

TBSの方々には、わざわざ収録にいらしていただいて、ありがとうございました!

これから(19日〜)イギリスとフランスへ渡航します。食品ロスの調査です。

(そのため、21日のテレビ放映はオンタイムで見られません)

先生のご厚意により、大学の先生方の科研費プロジェクトに、自費で混ぜてもらいました。

それでは行ってまいります!

TBS系列「あさチャン!」公式サイトはこちら
http://www.tbs.co.jp/asachan/

TBS系列「あさチャン!」公式Twitterはこちら
https://twitter.com/TBS_asachan

スポンサードリンク



助手席理論

【助手席理論】

『助手席に座ってると眠くなる。自分で運転してると眠くならない。大学の講義で寝るのは みんな”助手席”に座ってるから。』

陰山 孔貴 (Yoshiki Kageyama)さんが出演された「渋谷のラジオ」で、対談相手の角田陽一郎さん(テレビプロデューサー)が語っていた言葉。

テレビの世界で『アシスタントディレクターがディレクターになる瞬間がわかる』と。

それは「いくら徹夜してても会議の場で寝ないかどうか」。

「”自分がドライバーだ”という気概を持っているかどうか」がそこで判断できるそうです。

はたして自分は人生のドライバーになっているか?

”助手席” に座ってやいないか?

月曜の朝から通勤電車で眠りこける人々を見ていると、助手席どころか、荷馬車に乗せられた子牛(ドナドナの歌)を思い起こします。

スポンサードリンク




西山美紀さんに取材頂いた記事がビジネスジャーナルに掲載されました

ファイナンシャルプランナーの西山 美紀さんにインタビューして頂いた記事がビジネスジャーナルに掲載されました。

西山美紀さんは、ご著書『お金が貯まる「体質」のつくり方』が好評の著者さんです。

日本では一世帯4人あたり年間60,000円分の食べ物を捨てています。

1万円札が6枚あったら、それをゴミ箱に捨てる人はいないと思いますが、食べ物に変身すると、なぜか捨てちゃうんですね・・。

安全性を考慮してということもあるでしょうが、「賞味期限」は「短めに設定された美味しさの目安」ですからすぐ捨てなくてもいいのです。

食べ物はお金でもあります。

賞味期限のカラクリをきちんと理解すれば、食費が安くなり、家計が助かります。

このことが日本じゅうに広がることを願っています。

西山美紀さん、取材していただいて、ありがとうございました!

Appear on Business Journal as the author of the book “Possible countermeasures to reduce food loss”

ビジネスジャーナルの記事はこちら
http://biz-journal.jp/2017/02/post_18045.html

西山美紀さんのブログ http://ameblo.jp/nishiyamamiki/

スポンサードリンク




バレンタインに食品ロスを思う/大いなる無駄「バレンタインデー」日本はいつまで続けるのか

今朝、ダイヤモンド・オンラインにコラムを載せていただきました。

農産物から作る食べ物は、一気に急激に大量に消費されると、どこかで無理が生じてしまいます。

林修さんは、既存のイベントを鵜呑みにすることに警鐘を鳴らし、「『母の日』だから電話するのでなく、毎日親孝行しているから『母の日』に大騒ぎしなくていい日々を送ることこそ真の『イベント』だと僕は考えています」と語っています。

「世間の物差しでなく自分の価値観で考える」というのがメッセージです。

本日14日発売の雑誌『女性自身』にも、賞味期限と食品保存に関する取材記事を載せて頂いています。

食品を製造する以上、廃棄をゼロにするのは不可能です。

でも理不尽な廃棄はできる限りなくしていきたいですし、そのための活動を続けていきます。

My column on Valentine’s Day on DIAMOND Online

http://diamond.jp/articles/-/117806

また、今朝(2017年2月14日)の朝日新聞、声欄に、14歳からの提言がありました。

「バレンタインに食品ロスを思う」というタイトルです。

しっかりした意識を持っています。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12794543.html

以下、朝日新聞「声」欄より引用
—————————————————-
中学生 石倉太久(静岡県 14)

 バレンタインデーに合わせ、コンビニやスーパーにはラッピングされたチョコレートが並んでいる。誰かにもらえるだろうかという心配もあるが、このごろは売れ残りがどうなるのかも心配だ。

 賞味期限が1年以上先という品は少ないだろうから、来年また売ることはないだろう。まさかラッピングし直してホワイトデーで売ることもないだろうし。

 年末にはお正月用の食料品、その前はクリスマス、その前はハロウィーンの菓子や飲み物。季節のイベントごとに限定商品が店頭に山のように積まれる。

 食品会社や小売店の人たちが、ニーズに合わせて商売するのは分かる。けど、かなりの量が廃棄処分されるかもと想像すると、何か方法はないかと考えてしまう。貧困家庭の子どもに食事を提供する活動がこれだけ報道されているのに、大人たちは真剣に考えているのだろうか。

スポンサードリンク



第20回図書館を使った調べる学習コンクールで渋谷教育学園幕張高等学校2年生の鵜飼唯香さんが奨励賞受賞

私の講演を企画・開催してくれた、渋谷教育学園幕張高等学校2年生の鵜飼唯香さんが、「第20回 図書館を使った調べる学習コンクール」に応募した食品ロスの論文で奨励賞を受賞したそうです!おめでとうございます!

鵜飼さんは、昨年、高校1年生だったときに食品ロスの講演を企画し、1年生400人を集めて講演を開催してくれました。

その後、学食の残渣を調査し、今回の論文にまとめました。

数日前、省庁の方から「若い世代で食品ロス削減に取り組んでいる人の事例を白書に載せたいけど、誰かいたら教えて欲しい」と問われ、真っ先に思い浮かんだのが鵜飼さんでした。

チャレンジする姿勢と行動力を頼もしく拝見しており、これからも活動をサポートしてあげたいと思っています。受賞おめでとうございます!Yuika Ukai, Congratulations on the award! (写真は2016年1月の高校1年生向け講演。2016年11月には高校2年生に講演。千葉県千葉市にて)


論文名:『運送段階と消費段階における食品ロス対策案』
著者:鵜飼唯香さん
公益財団法人 図書館振興財団主催 第20回「図書館を使った調べる学習コンクール」調べる学習部門 高校生の部で奨励賞受賞
http://bit.ly/2l6j8OV

スポンサードリンク