二つ目の社会人大学院の二つ目の修士課程を終えて以来、二年がかりで国際誌投稿

【苦節二年】二年前、二つ目の社会人大学院の、二つ目の修士課程を終えて以来、仕事しながら先生の親身な指導を毎月受け、細々と書き続けていた英語論文。今日ようやく国際誌に投稿することができました。全国講演のたびにその土地土地で余剰食品の調査をさせて頂いたデータ(n=170)を元に提言したものです。ご協力いただいたみなさま、お忙しい中、ありがとうございました!ようやくスタート地点に立つことができました。レフェリーから何べん戻されるかわからないけど、掲載されるまで頑張るさー(写真は2年前の3月、謝恩会で)Submitted a paper to an English-language journal, it took two years

スポンサードリンク



マレーシアで開催された国際学会Food and Societyで新著『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』を元にした食品ロス削減の提言について発表

2016年11月18日からの国際学会(Food and Society)発表に備え、16日の夜中に羽田を出て、17日の早朝、クアラルンプールに入りました。

朝早く着いたので、チェックインまでゆったり待機できるフロアがホテルにあるのはとてもありがたかったです。(Traders hotel)

国際学会Food & Society での発表時刻は、11月19日16時(日本時間17時)に決まりました。

18日のレセプション会場は、なんと!ゴルフ場でした。

そして、11月19日。

今月重版となった新著『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書)を元に、”Possible Countermeasures to reduce food loss in Japan” と題して、日本の事業者と生活者の双方で食品ロスを減らす具体策について提言しました。

質疑応答は、2名の登壇者まとめておこないました。

発表20分、質疑応答10分。

プレゼンは、事前に何十回も練習しました。

前の登壇者3名は、原稿を読む形でしたが、私は(日本語でも同じですが) 原稿を読むのは、聴講者に伝わる度合いが薄まると思っているので、原稿は暗記します。

が、、、、

出たとこ勝負の質疑応答の内容が難しい!

2件、質問を頂きました。

1件は、「カンボジアでは、フィッシュペーストの品質を保ちながら流通させるのに政府が関与した。食品ロスは、先進国だけでなく、途上国でも発生しているということだが、政府が関係していくためにはどうしたらよいか」といった趣旨でした。

もう1件は、「シンガポールでは、食べ残った食品を、水や土壌に変えて使っている。日本でも同様の事例はあるか」でした。

日本語で説明するのも難しい部分がありますので、それが英語になればなおさらです。

伝えるためのツールである英語ですが、いつまで経ってもコンプレックスと闘う感じです。

終了後、マレーシアの新聞社Starが取材してくれました。

夜はフランス大使公邸でのディナーへ行きました。

フランスから三つ星シェフも来ていました。

上品なフィンガーフードがメインでした。ただ、話す時間のほうが多く、ほとんど食べられませんでした。

フランスから空輸したワインも多数あったようです。

英語の発表に関しては、今後の課題として「質疑応答に臨機応変に答える」という宿題ができました。

外資系企業のときから感じていたことですが、母国語が英語の人は、非英語圏の人を見るとき、表面的な英語力で判断する人と中身(人間性)を観る人とがいるように感じます。

英語が堪能な人はそんなこと感じないのでしょうが、、、

今回の機会を作ってくださった、東京大学農学生命科学研究科の准教授、荒木徹也先生に感謝いたします。

Gave a presentation on “Possible Countermeasures to reduce food loss in Japan ” at the International Conference “Food and Society 2016” in Malaysia

http://www.food-and-society.com

スポンサードリンク





​​

大学院で国際学会の論文執筆

大学院で、国際学会の論文執筆をしました。

アブストラクトは300words(英語で300語)。

すでに受理されており、次は本文3,000words。

先生から声をかけていただき、研究室で飲み会に。

学外や別の研究室からも来客がありました。

国際学会は11月。

それまでに、英語論文1本の投稿と、プレゼンテーションの準備に尽力します。

スポンサードリンク



白の紙製の和傘

今日は一日大学院!論文がんばります。Writing a thesis at the graduate school

青年海外協力隊時代からお世話になっている、フィリピンの女性Lyn。

隊員のときから家族旅行に参加させてもらい、長年おつきあいが続いています。

今月、彼女の家へ泊めて頂くことになりました!

「日本のお土産、何がいい?」と聞いて、リクエストがあったのは「白の紙製の和傘」。

詳しい方いらしたら、教えて頂けると嬉しいです。

Pasalubong para sa Ate Lyn Carlos

(写真は通販で購入した和傘。届いたら、継ぎ目に糊がにじんでいました・・。残念)

  

こちらの写真は近所の公園の桜。

  

この写真は、コンクリートの割れ目から花を咲かせてたパンジー。どんなところでも花を咲かせることはできるのね。

  

スポンサードリンク