賞味期限とは


賞味期限を「品質が切れる日付」と誤解する人がいることがアンケートからわかっていますが「おいしさのめやす」に過ぎません。食品メーカーの多くは微生物試験や理化学試験、官能検査から割り出した「おいしさのめやす」に1未満の安全係数を掛けて賞味期限を設定するのがほとんどです。政府(消費者庁)は0.8以上を推奨していますが、分析センターでは0.7〜0.9を使うケースもあります。10ヶ月の賞味期限で0.7を掛け算すれば7ヶ月の日付を印字している、ということです。

メーカーはゼロリスクを求めて賞味期限を短く設定する傾向にあります。賞味期限延長のためには、安全係数の見直し、製造方法の改善、容器包装の工夫、年月日表示から年月表示への変更などが挙げられます。3ヶ月以上賞味期間があるものは日付を省略できます。

消費者として気をつけるべきは5日以内の日持ちに表示される「消費期限」です。これは守った方がよいです。


#Yahooニュースのコメント https://news.yahoo.co.jp/profile/author/iderumi/comments/posts/16314135152172.d861.31317/

ニュースレター「パル通信」を始めます

【ニュースレターを始めます】海外からの最新情報、Yahooや新聞の連載では書けないここだけの内容、食や書籍、映画、SDGs・サステナビリティの情報をコラム形式のニュースレターで配信します。JICA海外協力隊時代の手書きの「パル通信」は、購読登録者だけに初公開!無料でご登録頂けます。https://iderumi.theletter.jp/・・・/26668280-0f51-11ec-b89a・・・#theLetter#食品ロス

2021.8.20 新著『捨てないパン屋の挑戦 しあわせのレシピ』(あかね書房)上梓

2019年秋に執筆依頼をいただいた新著『捨てないパン屋の挑戦 しあわせのレシピ』が、本日2021年8月20日、無事に出版されました。紆余曲折を経て「捨てないパン屋」になった、ブーランジェリー・ドリアン、田村陽至さんの物語です。関係者のみなさま、ありがとうございます。

翻訳家、服部雄一郎さんが小学校2年生の末っ子さんと一気読みして、素敵な投稿をしてくださいました。ありがとうございます!

また、ことばのプロ、郷好文さんも長文レビューを書いてくださいました。感謝申し上げます。

小学校中学年以上の方にお読みいただけます。ノンフィクションなので大人の方にもお読みいただけますし、文字が大きめなので、熟年以上の方にも向いています。

2021年8月20日発売
『捨てないパン屋の挑戦 しあわせのレシピ』(あかね書房)https://amzn.to/3xIiKsU