2022.8.6 エシカル・コンシェルジュ講座でオンライン講演します!

【 エシカル・コンシェルジュ講座 11期 募集開始 !】⁡各分野の専門家から「知る・深める・拡める」という一連の流れで学びを深めていきます。いま起きている課題や問題に関する客観的な事実や科学的データを正しく知ったうえで、誰かに正解を求めるのではなく、当事者として考えるヒントを得られる講座です。また、講師陣の生き様からもたくさんの気づきを得ることができます。

⁡●ウェビナー形式 オンライン講座●単発受講も可能●全11講座 録画配信3週間●コロナ禍・学生応援企画(学生は無料で受講できます)●エシカル・コンシェルジュ 修了証取得者 紹介割引●その他、詳細はサイトをご覧ください。


【4つの特典!】①エシカル・バーチャルツアーにずっと!ご招待②日本、世界からご参加の受講生と大交流会開催③受講生限定Facebookグループご招待(一括、単発受講者)④11期Slackグループご招待(一括受講者のみ)⁡⁡◆◆ 講座の詳細&販売サイトはこちら ◆◆https://ethical-concierge.net/⁡Instagram : @ethical_association プロフィールリンクへどうぞ!⁡●一括申込(10%off)締切 : 6月25日(土)23:59まで●

【11期 プログラム】⁡<知る>第1回目:7/2(土)14:00-16:00【エシカル革命〜新しい幸せのものさしをたずさえて〜】末吉里花(一般社団法人エシカル協会 代表理事)————–第2回目:7/9(土)14:00-16:00【SDGsが問いかけるもの】国谷裕子 氏(ジャーナリスト)————–第3回目:7/16(土)14:00-16:00【ソーラーシェアリングと有機農業を活用したエシカルな農村と農業】東光弘氏(市民エネルギーちば(株)代表取締役(株)TERRA 代表取締役)————–第4回目:7/30(土)14:00-16:00【エシカルを進める!お金とのつきあい方】吉高まり氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 経営企画部副部長 プリンシパル・サステナビリティ・ストラテジスト/一般社団法人Virtue Design 代表理事)————–第5回目:8/6(土)14:00-16:00【食品ロスって何で減らす必要があるの?】井出留美 氏(ジャーナリスト)————–第6回目:8/20(土)14:00-16:00【地球を分け合う動物たちに配慮する2つの方法】岡田千尋 氏(認定NPO法人アニマルライツセンター代表理事)————–第7回目:8/27(土)16:30-18:30【世界から見た日本のヒューマンライツ】藤田早苗 氏(英国エセックス大学ヒューマンライツ・センター フェロー)————–⁡<深める>第8回目:9/3(土)14:00-16:00【地球の限界 SDGs・ESGではもう間に合わない】斎藤幸平 氏(経済思想家・東京大学大学院総合文化研究科准教授)————–第9回目:9/17(土)14:00-16:00【持続可能な未来を再想像するーいま、教育に求められていることー】永田佳之 氏(聖心女子大学教授・教育学博士)————–⁡<拡める>第10回:9/24(土)14:00-16:00【SDGsと世界のソーシャルデザイン】上田壮一氏(一般社団法人Think the Earth理事・プロデューサー)————-第11回:10/1(土)14:00-16:00【エシカルを拡めるには? ~社会を動かすメッセージのつくり方~】砥川直大氏(The Breakthrough Company GO クリエイティブ・ディレクター)
皆様のご受講を心よりお待ちしております!

『捨てないパン屋の挑戦 しあわせのレシピ』第68回青少年読書感想文全国コンクール課題図書

拙著『捨てないパン屋の挑戦 しあわせのレシピ』(第68回青少年読書感想文全国コンクール課題図書)広島の実在のパン屋、ブーランジェリードリアンを取材して書いたノンフィクションです。6月6日から、黄色い帯のが全国の書店に並んでいます。黄色帯は数量限定、売り切りごめんだそうです。お早めに!

https://www.akaneshobo.co.jp/search/info.php?isbn=9784251073112

「AI搭載のドローン」で食品ロスを削減!スタートアップ大国・イスラエルの注目5社 パル通信(46)と『土を育てる』(ゲイブ・ブラウン著、服部雄一郎訳、NHK出版)

今日のニュースレター「パル通信」46号では食品ロス削減を目指すイスラエルのスタートアップ企業5社を紹介しています。農業大国イスラエルならではの特徴があります。そして「今日の書籍」コーナーは、『ゼロ・ウェイスト・ホーム』を翻訳した服部雄一郎 さんの新しい翻訳書『土を育てる』(ゲイブ・ブラウン著、NHK出版)。さすが服部さんの翻訳、著者がそこで語りかけているような印象。300ページ近くある本ですが、とても読みやすいです。土壌の再生、自然への敬意、資本主義との関わり、ここ数年注目を浴びている「リジェネラティブ農業」について書かれているのはもちろん、農家である著者の格闘や紆余曲折をまじえた半生、読みごたえあります。もし自分が同じ状況だったらあきらめていただろうな・・・・服部さんは、この翻訳本に加え、あと2冊を同時期に手がけていたそうで、頭が下がります。ほかの2冊も楽しみにしていますね!
https://iderumi.theletter.jp/posts/2ad213e0-d948-11ec-a3b7-339acb16387c

食品ロス問題で忘れがちな「リデュース」 捨てないパン屋から考えよう

今年の読書感想文、第68回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書に選ばれた拙著『捨てないパン屋の挑戦 しあわせのレシピ』(あかね書房)。捨てないパン屋の田村さんを取材して書いたノンフィクションです。田村さんに関する記事を今月の「エシカルはおいしい!!」に書きました。

https://www.ethicalfood.online/2022/05/200859.html

食品ロス国際会議2022、キーワードは「食料危機」と「賞味期限」 パル通信(45)

2022年5月10〜12日、米国ミネソタ州ミネアポリスで「食品ロス解決サミット2022」(2022 Food Waste Solutions Summit)が開催されました。その中でも注目ポイントはどの点だったでしょうか。
賞味期限表示が食品廃棄につながる食品価格が6%上昇、食料危機で食品ロス削減の重要性すべてを使い切り、循環型にフォーカス世界の食料システムは温室効果ガス排出量の3分の1
https://iderumi.theletter.jp/posts/66337170-d495-11ec-9371-4bcf9cb6615b