阪神・淡路大震災の日に

ライオン(株)研究所に勤めていたとき、同期5人で業務研究コンテストに応募することになりました。テーマは『介護用品の開発』。調査のため、東京・飯田橋のセントラルプラザを訪問したとき目にしたのが「夏!体験ボランティア」というポスターでした。見た瞬間「これやりたい!」と言ったら、「せっかくなら5人でやろうよ」となり、それぞれ別々の病院や特別老人ホームで介護ボランティアをしました。結果、「自分たちで取り組んだ」ことが認められて準優勝。ボランティアを機に「社会の役に立ちたい」と思い、会社を辞めて青年海外協力隊に参加するきっかけになりました。

1月17日、阪神淡路大震災が起こったのは、青年海外協力隊の派遣中でした。現地の新聞が伝えるのは “日本に住むフィリピン人” のことが多く、”フィリピンに住む日本人” である私が知りたい情報はありませんでした。メディアが伝えるのは、伝える人の ”フィルター” を通って出てきたもので、事実100%ではないことを理解しました。

私のキャリアを創るきっかけになった、東京・飯田橋のセントラルプラザで、今日これから食品ロスの講演です。100人近くが応募して下さったそうです。原点に戻ってきた気持ちです。

同じものを見て伝えても、伝える人のフィルターによって、まったく違うものになります。

自分は何を伝えられるか。

6,432人が亡くなった、阪神淡路大震災。

生きたくても生きられなかった命を思い、真摯に、自分のフィルターを磨く努力を続けていきたいと思います。

http://kurashifesta-tokyo.org/2016/sns/twitter.html

スポンサードリンク



明日2017年1月17日の食品ロス講演、本日16日正午で〆切だそうです

明日1月17日、東京・飯田橋で食品ロスの講演をおこないます。

申込は、本日1月16日正午で〆切だそうです。

先月聞いたときは40名くらいの申込でしたが、いまは70名を超えているようです。

参加費無料ですので、興味のある方は、この機会にぜひ!

http://kurashifesta-tokyo.org/2016/seminar/index.html#01

日 時●平成29年1月17日(火)10:30~12:30
場 所●東京都消費生活総合センター
    セントラルプラザ 17階 教室Ⅰ・Ⅱ

スポンサードリンク



2017年1月13日 映画『0円キッチン』公開シンポジウム(日比谷)、14日 トークイベント(WIRED TOKYO 1999)

2017年1月14日、安藤 美冬 さんの司会、渋谷のWIRED TOKYO 1999で、食品ロスをテーマにした映画『0円キッチン』トークイベントに登壇しました。

David Groß監督の明るく楽しい持ち味で、楽しい会でした。

聴きにきてくれた加藤 優香理 (Yukari Kato)さん、配給会社ユナイテッドピープルの関根 健次 (Kenji Seiryu Sekine)さん、アーヤ 藍 (Ai Ayah)さん、カフェカンパニーの皆さん、来場者のみなさま、ありがとうございました。

美冬さんと近いうちにまたご一緒できそうで嬉しいです!

今月3回目の映画トークイベントは22日(日)14時30分〜渋谷アップリンクです。

ぜひ22日もどうぞ。
http://unitedpeople.jp/wastecooking/archives/15895

The Movie “Wastecooking” Talk Show at WIRED TOKYO 1999

2017年1月13日は、やはり映画『0円キッチン』公開記念シンポジウムでした。

日比谷公園の中にある、日比谷コンベンション大ホールが会場。

聴きに来てくださっていた、はまぐり涼子さんのサイトに、詳しく載っています。イラスト入りで、かわいらしく、わかりやすく、まとめてくださいました。

http://soloris.hatenablog.com/entry/2017/01/14/010918

終わったあとは、ダーヴィド監督と、ユナイテッドピープルの関根さんらとともに、食事へ。

 

ありがとうございました。

スポンサードリンク




『丁寧を武器にする』(小山進著、祥伝社)

小山進氏の著書『丁寧を武器にする』を読みました。

印象に残ったのは3つ。

ひとつめ。

小山氏は、「どうしたら自分のお店を持てるようになれますか」と、よく質問を受けるそうです。

そんなとき、

「自分の中の表現したい想いがあふれるほどになったときに、プロとして独立できるんやないかな」

と答える、と。

これは、逆を言えば、あふれるほどの思いがない人に独立はできない、ということかもしれません。

日々の情報発信にしても、あふれるほどの思いがないままに、惰性で情報発信していることも多いのでは。

ジャーっと、常に蛇口を開いたままにするのではなく、感情があふれ出んばかりになったとき。

強く「伝えたい」と思うそのことを発信すると、受け手のこころにつたわりやすいように感じます。

自分の本能にうそをついて生きている人、仕事している人は、案外多いと感じています。

これは、会社を辞めてから、よくわかるようになりました。

食品ロスの一因も、個人の感情に蓋をして仕事している人にあると感じます。

たとえば、個人としては「もったいない」と思っているけど、組織の看板を背負っている以上、それに蓋をして口を閉ざし、”仕事として”捨てている、など。

ふたつめ。

小山進氏の「エスコヤマ」が業界の中で評判になり、経営コンサルタントの方々が全国の経営者を集めてツアーを組み、見学に訪れるようになったそうです。

小山氏は、遠方からいらした方に、一生懸命に説明する。

すると聞かれるのはお金の話ばかり。

「この場所に店を創られた理由は何なんですか」

「この壁の絵、費用対効果的にはどうなんですか」

「こんなに次々と敷地を広げて店を作って、どれだけの利益を生み出してるんですか」

などなど。

小山氏は、それを聞いてガッカリされるそうです。

確かに、そういう人(=お金の話しかしない人)は多いと感じます。

私が会社を辞めたのは6年近く前(2011年9月)ですが、それ以降、そういうことをたずねる人は非常に多い。

逆に言えば、「喰えるか喰えないか」しか興味のない人もいる、ということです。

それはもちろん大事だけど、仕事って、それだけじゃない。

さみしいことですね。

Man giving bread to a small child. Charity concept.

みっつめ。

誰でも「自分商店」の店主だ、自分ブランドのオーナーだ。

という表現に共感しました。

日本は、組織に所属し、雇用される人が多いので、自分がオーナーであるという意識が希薄な場合もあります。

雇用されていようがいまいが、自分ブランドのオーナーは自分。

そんなふうに考える人が増えれば・・・

と思います。

スポンサードリンク



2017年1月12日 ダ・ヴィンチニュース→コンビニ商品が「割高」なのは「捨てる前提」だから!? 改めてきちんと知っておきたい「食品ロス」問題

2017年1月12日、KADOKAWAのダ・ヴィンチニュースに、拙著『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』の記事を掲載していただきました。

コンビニは、スーパーと比べて、値段が割高です。

その背景にはさまざまな要因がありますが、元コンビニオーナー複数名の発言によれば「捨てる前提」だから「捨てる費用も価格に織り込まれている」ということだそうです。

ぜひみなさまでご覧いただき、コンビニ愛用者(私も活用していますが・・)にお伝えいただけますと嬉しいです。

http://ddnavi.com/news/345653/a/

スポンサードリンク