2017年2月21日 TBSあさチャン! と2月19日〜英仏

2017年2月21日、TBSあさチャン!に、すこし出演予定です。

TBSの方々には、わざわざ収録にいらしていただいて、ありがとうございました!

これから(19日〜)イギリスとフランスへ渡航します。食品ロスの調査です。

(そのため、21日のテレビ放映はオンタイムで見られません)

先生のご厚意により、大学の先生方の科研費プロジェクトに、自費で混ぜてもらいました。

それでは行ってまいります!

TBS系列「あさチャン!」公式サイトはこちら
http://www.tbs.co.jp/asachan/

TBS系列「あさチャン!」公式Twitterはこちら
https://twitter.com/TBS_asachan

スポンサードリンク



西山美紀さんに取材頂いた記事がビジネスジャーナルに掲載されました

ファイナンシャルプランナーの西山 美紀さんにインタビューして頂いた記事がビジネスジャーナルに掲載されました。

西山美紀さんは、ご著書『お金が貯まる「体質」のつくり方』が好評の著者さんです。

日本では一世帯4人あたり年間60,000円分の食べ物を捨てています。

1万円札が6枚あったら、それをゴミ箱に捨てる人はいないと思いますが、食べ物に変身すると、なぜか捨てちゃうんですね・・。

安全性を考慮してということもあるでしょうが、「賞味期限」は「短めに設定された美味しさの目安」ですからすぐ捨てなくてもいいのです。

食べ物はお金でもあります。

賞味期限のカラクリをきちんと理解すれば、食費が安くなり、家計が助かります。

このことが日本じゅうに広がることを願っています。

西山美紀さん、取材していただいて、ありがとうございました!

Appear on Business Journal as the author of the book “Possible countermeasures to reduce food loss”

ビジネスジャーナルの記事はこちら
http://biz-journal.jp/2017/02/post_18045.html

西山美紀さんのブログ http://ameblo.jp/nishiyamamiki/

スポンサードリンク




第20回図書館を使った調べる学習コンクールで渋谷教育学園幕張高等学校2年生の鵜飼唯香さんが奨励賞受賞

私の講演を企画・開催してくれた、渋谷教育学園幕張高等学校2年生の鵜飼唯香さんが、「第20回 図書館を使った調べる学習コンクール」に応募した食品ロスの論文で奨励賞を受賞したそうです!おめでとうございます!

鵜飼さんは、昨年、高校1年生だったときに食品ロスの講演を企画し、1年生400人を集めて講演を開催してくれました。

その後、学食の残渣を調査し、今回の論文にまとめました。

数日前、省庁の方から「若い世代で食品ロス削減に取り組んでいる人の事例を白書に載せたいけど、誰かいたら教えて欲しい」と問われ、真っ先に思い浮かんだのが鵜飼さんでした。

チャレンジする姿勢と行動力を頼もしく拝見しており、これからも活動をサポートしてあげたいと思っています。受賞おめでとうございます!Yuika Ukai, Congratulations on the award! (写真は2016年1月の高校1年生向け講演。2016年11月には高校2年生に講演。千葉県千葉市にて)


論文名:『運送段階と消費段階における食品ロス対策案』
著者:鵜飼唯香さん
公益財団法人 図書館振興財団主催 第20回「図書館を使った調べる学習コンクール」調べる学習部門 高校生の部で奨励賞受賞
http://bit.ly/2l6j8OV

スポンサードリンク



食品メーカーが取り組む「賞味期限の延長」と「賞味期限の年月日表示化」

2017年2月10日付の日テレNEWS 24に、なぜ?賞味期限の「表示変更」「期間延長」という記事が掲載されています。

記事中、「キユーピーも賞味期限延長を検討」とありますが、キユーピーさんはすでにマヨネーズの賞味期限延長を実施されています。

7ヶ月だったマヨネーズの賞味期限を、製法を変えることで10ヶ月に、さらに包装材料を変えることによって12ヶ月まで延ばしています。

味の素さんが、賞味期限1年以上の製品について「年月日表示」から「年月表示」への変更を検討しているのはとてもよい取り組みです。

たとえば「2月11日」と表示があれば、2月12日にはその商品は「ゴミ」になってしまいますが、「2月」と書いてあれば、2月28日まで商品として流通可能だからです。

ただ、日本の法律上は、賞味期間が3ヶ月以上あれば、日付の表示は省略できるのです。

今後は、3ヶ月以上の商品についても検討をお願いできればと願っています。

また、月の途中の表示のものについては切り捨てになってしまうため(たとえば2月11日表示だったものは、11日が切り捨てとなり、1月表示となる)賞味期限の延長も同時にお願いできればと思います。

————————————————
以下、日テレNEWS 24より引用

なぜ?賞味期限の「表示変更」「期間延長」

http://www.news24.jp/articles/2017/02/10/06353797.html

食品大手「味の素」が、今月出荷分から一部の製品に対し、賞味期限を延長し、表示方法の変更も始めた。なぜ変更に踏み切ったのだろうか。

■おいしく安全に食べられる期限を示している賞味期限。買い物客はどこまで気にしているのだろうか。街で聞いてみると―

■「賞味期限は見ますね。(未開封なら期限の)半年くらい先まで使いますね」「過ぎたら大体捨てちゃってる」

■この賞味期限をめぐって食品大手「味の素」が新たな戦略を打ち出した。

■今月の出荷分から「マーボー春雨」など、中華の総菜3品について、これまで「年月日」で表示していた賞味期限を「年月」表示に切り替えている。同時に賞味期限を1か月延長。消費者の反応などを検証する。

■さらに、味の素では賞味期間が1年以上の家庭用製品を対象に検討を行い、今年の秋以降、原則として、賞味期限の延長や年月表示を順次行う。

■味の素・三谷さん「メーカーとしてはまずは、食品ロスの削減のために、賞味期間をのばせるだけのばすことが大事だと思っています」「(品質の)確認をした上で 賞味期間をのばします」「今までの日別の管理を、月別の管理にするということですので、食品流通上、ご家庭の食品ロス削減に貢献できるのではないかと考えています」

■担当者が強調したのは食品ロスの削減だ。

■まだ食べられるのに、賞味期限切れや売れ残り、食べ残しなどを理由に捨ててしまう、食品ロス。消費者からはこんな声が―

■「以前は、なるべく新しい物を買ってたんですけど、食品ロスにつながるので、食べられるんだったら、あえて(賞味期限が)近い物を買う時があります」

■食品大手のキユーピーも賞味期限の延長や年月表示への切り替えなどを検討しているという。

■専門家はメーカーや小売りなど食品業界全体でこうした取り組みを進めれば、国内の食品ロスを減らせる可能性があると話している。

詳しくは動画で。
————————–
以上、引用おわり

スポンサードリンク




2017年2月11日 愛知県小牧市主催食品ロス講演会で講演

2017年2月11日(祝)。


名古屋コーチン発祥の地である愛知県小牧市。その小牧市主催の講演会で、食品ロスを減らすためのお話しをしました。


ライオン(株)時代の同僚が、お土産持って、休日にわざわざ聴きに来てくれました!

ありがとう!(自己紹介マンガ『イデルミ物語』2011の2コマ目に出てくる、業務研究コンテストで準優勝したときのチームの仲間)


控え室にはお手洗いとお風呂がついており、著書や色紙3枚が準備してあって、ちょっとだけ芸能人気分。。。違うけど。。。


“賞味期限は短めに設定されている” という認識が世界に拡がりますように。Give a presentation on food loss at Asahi Hall in Komaki-shi, Aichi

スポンサードリンク