2017.6.18 農林水産省ASEAN事業、カンボジア王立大学で180分間、食品ロスの講義

人生初のカンボジアへ!農林水産省ASEAN事業の一環で、カンボジア王立大学で180分間、食品ロスの講義をします。2月にはタイのカセサート大学に行きました。
日本の省庁や業界トップの企業から社員が送られ、アセアン諸国の大学で人材育成の目的で、2週間のプログラムが組まれます。学生や院生、社会人学生たちが、日本の食品業界の物流や品質保証などの専門分野を学びます。大企業や省庁でないのは私だけなので、大組織に負けない、参加型•双方向の180分間にしたいです。
パソコンは、例によって打ち過ぎのあまり、キーの文字が12箇所剥げて読めなくなっています。。(笑)Business trip to Cambodia -Give a lecture at Royal University of Phnom Penh- MAFF project

紀伊国屋書店そごう川口店に拙著『賞味期限のウソ』平積み&面陳列、感謝申し上げます

紀伊国屋書店そごう川口店に拙著『賞味期限のウソ』を平積み&面陳していただいていました!昨日メールで知り、イベントの後、8時の閉店直前に駆け込み、店長さんに御礼をお伝えしました。7月5日、川口市主催のクリーン推進員661名への基調講演(於: リリア音楽ホール)を控え、入荷いただきました。どうもありがとうございます。My book “Possible countermeasures to reduce food waste ”

2017年6月17日(土)ビジネス書著者のイベントDAF8で登壇します

明日17日(土)12:30〜西澤一浩さん主催のイベントDAF8で登壇します。18名のビジネス書著者・講師が10分ずつ熱くメッセージを語ります。

敏腕編集者の小谷俊介さんが、急遽ご登壇されます。ご担当された本は80冊以上、10万部超え、5万部超えなど、増刷率は50%以上だそうです。

そして、3月にオフィスが火事にあった大内 優さん。あの後大変でしたが、新しいオフィスも見つかり、新著を携えてご登壇されます。先月、奈良・東大寺まで講演を聴きに来て下さいました(大内さんありがとうございます!)。

私は『賞味期限のウソ』(3刷)と、栄養価が高く糖質の低い「おから」を活用したお菓子「Ocalan(オカラン)」を持っていきます。パンのプロフェッショナル、坂巻達也さん、宗高 美恵子さんが3年がかりで開発した、豆乳とおからのケーキです。糖質が0.5gと低糖質なので、ダイエット中の人にも安心。

オカランと賞味期限のウソの力作POPは、Share読書.Com主宰の米山 智裕さんが作って下さいました。

米山さんは、これまで900冊以上のビジネス書・自己啓発書の書評を執筆されています。私の本も紹介して下さいました(米山さん、ありがとうございます!)。

Share読書.Com 

明日のイベントDAF8、あと3席だけあるそうです。参加されたい方、お待ちしています!

DAF8

Give a presentation on food waste

井出留美 Yahoo!ニュース

スポンサードリンク



「賞味期限は美味しさの目安」なのになぜ一年手前で廃棄され寄贈されるのか

東京都が食品ロス削減に乗り出す。関係者会議や消費者向けキャンペーンに加えて、備蓄食品を有効活用する仕組み作りにも着手。国は「賞味期限に頼らず自分で判断して消費せよ」と呼びかける反面、フードバンクには、賞味期限が切れる半年から一年近く手前の備蓄食品が寄贈されるという矛盾。欧米では、日持ちする食品(乾麺、シリアルなど)に関しては、賞味期限過ぎても有効活用できるルールがある。そもそも備蓄食は賞味期間が長い。日本でも同様の仕組みは可能と考える。Possible countermeasures to reduce food waste

日本経済新聞 2017年6月14日付記事

スポンサードリンク