iderumi の紹介

井出留美(いで・るみ) 株式会社 office 3.11 代表取締役 社会活動家。 世界13億トンの食品ロスの削減を目指す食品ロス問題の専門家。 消費生活アドバイザー (内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)。 女子栄養大学/石巻専修大学 講師、博士(栄養学)/修士(農学)。 東京大学大学院農学生命科学研究科修了。 ライオン入社後、ボランティア体験を基に提言したコンテストで 準優勝。「人の役に立ちたい」と退職、青年海外協力隊参加。 帰国後、日本ケロッグ入社。広報室長と社会貢献業務を兼任、 余剰食品を困窮者に活用するフードバンクへの支援を開始する。 3.11の食料支援時、理不尽な大量廃棄に憤りを覚えて退職。 人生の転機となった誕生日を冠した(株)office3.11設立。 フードバンク広報の依頼を受け、NPOとして史上初の PRアワードグランプリソーシャル・コミュニケーション部門 最優秀賞や農林水産省食品産業もったいない大賞食料産業局長賞へと 導く。独立後のメディア出演はNHKや日経新聞等180回。 埼玉県川口市で市議、県庁職員、商店街振興組合理事長、 パン屋、NPOなどを集めて「食品ロス削減検討チーム川口」を主宰し、 余剰食品を集めて困窮者に活用するフードドライブを実施している。 著書に「一生太らない生き方」。 NHK「おはよう日本」「あさイチ」「news Watch9」「特報首都圏」 「週刊ニュース深読み」「オイコノミア」NHK World、 テレビ東京「ガイアの夜明け」等出演多数。 「すべての人が安心して食べられる、笑顔で暮らすことができる社会」 を目標に、「食」の課題を伝える活動を続けている。 http://www.office311.jp/profile.html#pro

食べきれない料理を持ち帰って「食品ロス」削減に貢献

『ホットペッパーグルメ』と横浜市の共同企画。

食べきれない料理を持ち帰り、食品ロス削減に貢献しよう、という趣旨。

横浜市は、何度か講演に呼んでいただいています。今も消費者向け講座など、熱心に行なっていらっしゃいます。行政のうち、食品安全の部門(保健所など)は、どうしてもリスクを考慮して、持ち帰りに対して、いい顔をしないと聞いています(食品ロス削減に熱心な自治体でも)。

行政が、このような取り組みを行なうのはいいですね。

全国の自治体も参考にしていただきたいです。

食べきれない料理を持ち帰って「食品ロス」削減に貢献

社内で慣例の義理チョコやめ、子ども食堂に寄付 明治安田生命の川越支社、社会貢献に振り替え

素晴らしい取り組み。これまでも人知れず同様の寄付をしてきた企業や個人はいると思うが、Yahoo!トピックスに取り上げられるようになったこと自体、社会の機運が変わってきたのを感じる。チョコレートを受け取った男性の3割程度が自分では食べていないという民間の調査結果もある。バレンタインのような季節商品は、当日売り切れないと見切り(値下げ)販売し、それでも売れ残れば返品か廃棄になる。恵方巻やうなぎなど、日持ちのしないものであれば廃棄かリサイクルになってしまう。カカオの資源も枯渇しており、国際カカオ財団と21企業は、カカオ原産国の熱帯雨林を保護するため恊働を始めた。カカオ農家は、世界銀行の定める絶対貧困の定義未満で暮らしている例もある。国連「持続可能な開発目標(SDGs)」の理念にあるように、先進国だけ良ければいいという考え方ではなく、途上国のことも配慮し、「誰一人取り残さない」社会にしていきたい。

埼玉新聞の記事がYahoo!トピックスに取り上げられました。2018年2月14日付

社内で慣例の義理チョコやめ、子ども食堂に寄付 明治安田生命の川越支社、社会貢献に振り替え

大いなる無駄「バレンタインデー」日本はいつまで続けるのか

林修さんのこの言葉に共感します。→「『母の日』だから電話するのではなく、毎日親孝行しているから、『母の日』には大騒ぎしなくていいような日々を送ることこそ、真の『イベント』だと僕は考えています」

大いなる無駄「バレンタインデー」日本はいつまで続けるのか

バレンタインデー 21社のPOPを解析 持続可能な開発目標(SDGs)を目指しているチョコレートは?

Yahoo!ニュース個人の記事です。

「バレンタインデー 21社のPOPを解析 持続可能な開発目標(SDGs)を目指しているチョコレートは?

バレンタインデー 21社のPOPを解析 持続可能な開発目標(SDGs)を目指しているチョコレートは?

バレンタイン商戦という「仕掛け」に乗らない企業が出始めた(ダイヤモンド・オンライン)

ゴディバ ジャパンやヤマダストアーのように、大衆に与(くみ)せず、自社が信じて売り続けてきた普段通りの商品を、普段と同じように、淡々と売り続ける企業が、その姿勢を評価される時代になってきているのではないでしょうか。My column on food loss

バレンタイン商戦という「仕掛け」に乗らない企業が出始めた