iderumi について

井出留美(いで・るみ) 株式会社 office 3.11 代表取締役 社会活動家。 世界13億トンの食品ロスの削減を目指す食品ロス問題の専門家。 消費生活アドバイザー (内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)。 女子栄養大学/石巻専修大学 講師、博士(栄養学)/修士(農学)。 東京大学大学院農学生命科学研究科修了。 ライオン入社後、ボランティア体験を基に提言したコンテストで 準優勝。「人の役に立ちたい」と退職、青年海外協力隊参加。 帰国後、日本ケロッグ入社。広報室長と社会貢献業務を兼任、 余剰食品を困窮者に活用するフードバンクへの支援を開始する。 3.11の食料支援時、理不尽な大量廃棄に憤りを覚えて退職。 人生の転機となった誕生日を冠した(株)office3.11設立。 フードバンク広報の依頼を受け、NPOとして史上初の PRアワードグランプリソーシャル・コミュニケーション部門 最優秀賞や農林水産省食品産業もったいない大賞食料産業局長賞へと 導く。独立後のメディア出演はNHKや日経新聞等180回。 埼玉県川口市で市議、県庁職員、商店街振興組合理事長、 パン屋、NPOなどを集めて「食品ロス削減検討チーム川口」を主宰し、 余剰食品を集めて困窮者に活用するフードドライブを実施している。 著書に「一生太らない生き方」。 NHK「おはよう日本」「あさイチ」「news Watch9」「特報首都圏」 「週刊ニュース深読み」「オイコノミア」NHK World、 テレビ東京「ガイアの夜明け」等出演多数。 「すべての人が安心して食べられる、笑顔で暮らすことができる社会」 を目標に、「食」の課題を伝える活動を続けている。 http://www.office311.jp/profile.html#pro

メディア出演予定3件

【メディア出演3件】
1、11月16日(土)16:30〜17時、ニッポン放送「渡邉美樹 5年後の夢を語ろう!」に出演します。収録のあと、テリー伊藤さんに「イデルミ」と呼んで頂きました笑
Appear on TV program on November 16th, 2019
https://www.1242.com/yume5/

2、11月16日(土)17時〜、TOKYO MX「田村淳の訊きたい放題!」に生出演します。この番組は2度目です。流通ジャーナリストの渡辺広明さんと、社会学者の古市憲寿さんがゲストです。 https://s.mxtv.jp/variety/kikitai/

3、11月20日はJ-Waveに生出演(後日お知らせします)

#食品ロス

「キャベツ♪!キャベツ♪!」と狂喜乱舞 南極観測隊の料理人が痛感した野菜の重要性

西荻窪じんから の竪谷 博 (竪谷博) さんに取材させて頂きました。竪谷さんの長年のご友人である小木田 順子 さんに取材をアレンジして頂きました。ありがとうございました!
https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20191031-00148798/

2019年10月30日 食品ロス削減の日 食品ロス削減全国大会in徳島 開催

本日10月30日は「食品ロス削減の日」。宴会の食べ残しをなくすための「3010(さんまるいちまる)運動」の数字をひっくり返して「10月30日」となりました。それを記念して、徳島市で、食品ロス削減全国大会in徳島が徳島市内で開催されました。

食品ロス削減全国大会は、初回が2017年、長野県松本市で開催。2回目は2018年に京都市で開催されました。どの回も、食品ロスの取り組みに関する先進自治体で開催されています。

さて、2020年はどの自治体で開催されるでしょうか。

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20191030-00148942/

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20191030-00148942/

講演を減らそう

2015年3月、2つめの大学院を終えた頃、講演の依頼を引き受ける数を減らそう、って思いました。

主な理由は3つ。

1、講演に来てくれるのは、意識の高い人。その層だけにアプローチしていても、食品ロス問題は変わらない。

2、自分の持続性が担保できない。依頼を請け過ぎて、声が出なくなったこともある。そうすると、お金をいただいた分だけのきちんとした仕事ができない。

3、もともと話すのが苦手。生きている間に、より広く多くの人になんて伝えきれない。

講演以外の伝える手段として「本」を考えました。

そこで2015年7月から、出版講座に通いました。

半年間の講座を経て、企画を出版社に取り上げていただき、2016年に食品ロスの本『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書)を出版しました。

編集を担当してくださった編集長さんが、Yahoo!ニュース個人のオーサーに推薦してくださいました。

2017年2月、Yahoo!編集部の審査に合格し、2017年3月から食品ロスの記事を書き始めました。

こうして、まわりの方々のおかげもあって、自分自身があちこち動かなくても伝えることができる、講演以外の手段を、少ーしずつ、増やしてきました。

特にインターネットの記事のおかげで、講演に来ないような層にも少しだけアプローチできるようになりました。

おかげさまで、『賞味期限のウソ』は4刷となりました。

Yahoo!ニュース個人のオーサーとして、2018年にアワードを受賞しました。

「広く多くの人に伝える」ことを、以前に比べたら、少しだけ実現することができてきました。

講演のご依頼を引き受ける数を減らしても、ありがたいことに、リクエストはずっと続いていただいてきています。

だからと言って、それに甘んじて、同じことを同じように繰り返し話すのでは、自分の進歩はありません。

下記の3つを、自分に課すチャレンジとして続けてきました。

1、国の主催のシンポジウムやイベントで講演する。国が動くと企業が動く。企業が動くと、食品ロスを生み出す商慣習が、少しずつ、よい方向に変わる。

2019年10月には、環境省主催、外務省主催など、国のシンポジウムで基調講演や登壇する機会を得ることができました。

2、日本国籍以外の人に、英語でプレゼンする。2015年、2つめの大学院で修士論文を出し終えたあと、東京都庁で、インドやタイから来日していた行政職員にプレゼン。2016年、国際学会でプレゼン。2019年10月はG-20でプレゼンしました。

3、海外に出向いての講演、講義をする。

3に関しては、農林水産省の日・ASEAN食人材育成事業で、2017年から、毎年3カ国ぐらいずつ渡航し、東南アジアの大学生や大学院生、教員などに、農産物をロスにしないための商品開発ワークショップやプレゼンテーション、チームごとに競わせる、などを続けています。

2019年は、5月にインドネシアのボゴール農科大学、6月にベトナムのベトナム王立農業大学、10月にフィリピンのセブ、ビサヤス大学へ講義し、ワークショップを行いました。

講演を減らす中でも、この9月10月には、嬉しいことがありました。

所属していた組織を離れても、そこで一緒だった方が聴きに来てくださったことです。

青年海外協力隊の同期。

日本ケロッグ勤務時代の同僚。

葵会(食品企業の勉強会)でご一緒していた別の食品メーカーの方。

すでに仕事上では関係がなくなった、にもかかわらず、足を運んでくださったこと、とても嬉しく思いました。

また、初めてお会いする方とのやりとりでも、嬉しいことがありました。

中学生や高校生、大学生など、若い世代が熱心に聴いてくださること。

私の父親・母親世代など、熟年世代が足を運んでくださること。

講演の数を減らすことで、少し背伸びかなと思うチャレンジも、少しずつ続けることができました。

余裕も生まれました。

食品ロスの世界では、「作り過ぎ」「売り過ぎ」「買い過ぎ」が、ロスを生み出しています。大量生産大量廃棄の時代では、もう、ない。

自分がそのようなことを発信していくからには、自らが、「適量」の仕事をし、仕事の姿でそれを見せていきたいと思います。

(徳島県にて)

監修書籍『食品ロスの大研究 なぜ多い?どうしたら減らせる?』PHP研究所より2019年10月31日に出版

監修した書籍『食品ロスの大研究 なぜ多い?どうすれば減らせる?』(PHP研究所)が2019年10月31日に出版されます。こどもたちが楽しく学べる全カラーです。生産者や食品企業など、全国で取材した事例もたくさん盛り込みました。今年2冊めの監修本、ぜひどうぞ。#食品ロスhttps://amzn.to/2NcbDma