食品ロス削減推進大賞 消費者庁長官賞受賞

おかげさまで、食品ロス削減推進大賞 消費者庁長官賞を受賞しました。

2008年、当時勤めていたケロッグの、米国本社CSR部長から「日本でもフードバンクに参加したらどうか」と話が来て、自社商品の寄付を始めたのが、食品ロス問題にかかわる最初でした。

誕生日311の食料支援で2011年に退職し、フードバンク(2HJ)の広報になり、より深くこの問題に関わるようになり、2014年秋からは完全に独立して、書籍や講演・講義などを通して広報・啓発活動を続けてきました。

フードバンクを始めた2008年から12年。食品メーカーの当時の同僚や2HJ、全国のフードバンクの方々、取材させていただいた方、大学や大学院の先生、Yahoo!編集部、書籍の編集者さんや出版講座でお世話になった方々など、これまでご一緒してきた方全員と一緒に受賞した賞だと思います。長年、食品ロスの研究を続けてこられた小林先生や、家庭ごみの中の食品ロスの研究を昭和55年から続けてきた京都大学など、多くの尽力者があってこそ、今の食品ロス問題への注目があります。本当にありがとうございました。お世話になった全員の方へ感謝の気持ちがつたわりますように。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

「食品ロス削減推進大賞」日本初の「食品ロス削減推進法」成立に協力 2008年から13年間継続し、多くの「日本初」を生んできた食品ロスのエバンジェリスト(伝道師)としての広報・啓発活動

https://www.caa.go.jp/notice/entry/022441/

https://www.caa.go.jp/notice/assets/consumer_education_cms201_201218_01.pdf


たった5年で食品ロス25%も削減 デンマーク王室をも動かしたある女性の怒りとパワー


デンマークの食品ロスを5年で25%も削減した女性、Selina Juul (セリーナ・ユール)をデンマーク・コペンハーゲンに訪ね、取材しました。デンマーク政府や王室も食品ロス削減へと動いています。

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20190913-00139204/

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20190913-00139204/

50食しか売ってはいけない!働き方のフランチャイズ目指し 売上増や機会損失からの脱却と従業員の幸せ

食品ロスゼロ、冷凍庫ゼロ、1日100食限定。ひとり親も働き続けられる飲食店「佰食(ひゃくしょく)屋」を京都市内で3店舗経営し、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019ほか数々の賞を受賞をしている中村 朱美さん。6月12日に100食の1/2(50食)を提供する「佰食屋1/2(にぶんのいち)」をオープン。6月14日発売の著書『売上を、減らそう。たどりついたのは売上至上主義からの解放』(ライツ社)は、発売前日に重版決定しました。 2017年から定期的に取材させて頂いている中村朱美さんを、京都市内の新店オープン直前に訪問させて頂きました。中村朱美さん、おめでとうございます! https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20190614-00129163/

2019年6月1日発売「婦人画報」創刊114周年記念特大号に4ページ特集掲載

「婦人画報」創刊114周年記念特大号「2019 私のサステナブル宣言」特集の4人インタビュー(上野千鶴子さん・駒崎弘樹さん・小林武史さん)という素晴らしい面々と並んで、なんと4ページも!食品ロスをテーマにしたインタビューを載せて頂きました。これも、駒崎さんが婦人画報の編集部にわたしをご紹介いただいたお陰です。さまざまな社会問題が多くの人に広まり、すこしずつでもいい方向へ進むことを祈っています。駒崎さん、このたびは、ご紹介いただきまして、ありがとうございました! #食品ロス

婦人画報 公式サイト
https://www.hearst.co.jp/brands/fujingaho