味の素AGF株式会社、家庭用製品約9割の賞味期限を2017年度中に「年月日」から「年月」表示へ

味の素AGF株式会社(AGF)が、賞味期限9ヶ月以上の製品162品目を、年月日表示から年月表示にし、賞味期間を延長するそうです。7月1日から実施中で、今年度中に9割実施、2018年度中に10割実施、食品ロス削減と物流効率化を目指すそうです(サンケイビズより)。

ちなみに日本の法律上は、賞味期間が3ヶ月以上あれば、賞味期限の日付表示を省略できます。日付が入っていると、たとえば「2017年8月17日」とあれば、翌日8月18日には「廃棄物」として処分されることになってしまうのです。とはいえ、2017.8.17と表示してあったものは、2017.8とは表示されません。半端な日にちは切り捨てされ「2017.7」と表示されます(31日など月末表示だったものは月末表示に)。「じゃあ食品ロスが増えるじゃないか!」となりますよね。そこで、企業としては、賞味期限表示の年月日表示から年月表示への移行をおこなうと同時に、賞味期限延長を進めていくのが必須なのです。

私が日本ケロッグ勤務時代、東京オペラシティビルの36階にオフィスがあった時期があるので、40階のAGFさんには時々遊びにいき、一緒にたまごやのランチを食べていました。味の素(株)本社も、同様の表示移行を実施しています。

家庭用製品約9割の賞味期限を2017年度中に「年月日」から「年月」表示へ




りそな銀行との6回シリーズ連携プロジェクト

りそな銀行とのコラボレーション、6回シリーズがスタートしました。

前回の対談に次いで、今回はコラムです。

ジョイントコラム「井出留美さんと”もったいない”を考える」【第1回】ちょっと待った!少しの意識で取り戻せる「6万円」

<偽装豆腐>という間違いだらけの指摘にこそ注意!(松永和紀さんの記事)

科学ジャーナリスト、松永和紀さんの記事です。

管理栄養士の方が書かれた偽装豆腐の記事を、多くの方がそのまま鵜呑みにしてFacebookやTwitterで拡散し、それをメディアゴンが取り上げ、Yahoo!までもが取りあげましたが、事実誤認に気づいたのか、メディアゴンもYahoo!も、その後、記事を削除しています。専門家のきちんとした発信である松永和紀さんのこの記事こそ拡がって欲しい。

<偽装豆腐>という間違いだらけの指摘にこそ注意!