農林水産省ASEAN食産業人材育成事業でミャンマーのイエジン農業大学へ

農林水産省ASEAN食産業人材育成事業で、ミャンマーのイエジン農業大学へ来ています。

宮古島へ行って、帰ってそのままなので、ちょっと疲れました・・・・

このプロジェクトは、農林水産省が、ASEAN諸国10カ国の大学と連携し、日本から、フードバリューチェーンについて指導することのできる専門家(おもに大手企業の社員)を送り込み、2週間のプログラムを実践するというもの。

4つの大学から学生が集まるそうです。

私は2月にタイのカセサート大学、6月にカンボジアの王立農業大学へいき、今回のミャンマーが3度目です。

双方向の講義にできるよう尽力します。

プロフェッショナルとは

『プロフェッショナルとは、積み重ね努力することが創造の源であるということを知っている者。誠実に挑戦し、持続する意思のある者。そして、その成果を出すことができる者。これをプロフェッショナルと申します』

2017年11月21日放送 TV朝日「トットちゃん!」 大岡龍男先生の台詞より

2017.11.18 渋谷教育学園幕張高等学校(SGH=スーパー・グローバル・ハイスクール)1年生360名に食品ロスとキャリア講演

昨日11月17日の東京都日野市議会での「フードロス」講演に続き、今回で3回目となる、渋谷教育学園幕張高等学校(千葉県)でのSGH(スーパー・グローバル・ハイスクール)講演で、高等学校一年生360名に、食のキャリアと食品ロスについてお話ししました。かなり盛りだくさんですが、前半で食のキャリアについて、後半で食品ロスについてのお話です。

クイズの答え合わせが済むたびドッと歓声が沸き起こり、質疑応答の質問の質も高く、お話しし甲斐がありました。

キャリアのパートについては、特に女子生徒さんに参考になった、と、ご担当の先生からコメントがあったと伺いました。

本日、生徒の皆さんから出された質問としては、次のようなものがありました。

Q アメリカのフードバンクでは、(寄贈企業に対する)免責制度や、寄付することによる税制優遇があり、かなり発達しているようだが、日本ではそのような法整備ができる動きはあるのか?

Q 日本のスーパーマーケットの中で、フードバンクに協力している企業は、何社くらいあるのか?

Q 賞味期限表示を、年月日表示から年月表示に変更することにより、トレーサビリティ(追跡可能性)はどのように確保するのか?

Q フードドライブでは、食の安全性をどのように担保するのか?

Q  国連は、昆虫食をタンパク源として推奨しているとのことだが、お勧めの昆虫食や、栄養価の高い昆虫というのはあるのか?

Q  教育やSDGsなど、国はもっと力を入れて法整備などを整えていくべきではないのか?

2年前に講演を企画して呼んでくださったYuika Ukaiさん、Ukaiさんに私を紹介してくれたJaki Tagubaseさん、拙著『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』と自己紹介マンガ「イデルミ物語」を全10クラスに導入してくださった教頭先生、ありがとうございました。Lecture on food loss