イタリア・トリエステで出逢った レストランでパンを捨てない方法と3つのメリット

作り過ぎ・売り過ぎ・買い過ぎの世の中です。

これまでは大量生産・大量消費でよかったけど、SDGs(持続可能な開発目標)が採択され、2030年までに世界の食料廃棄を半減する、という目標が定まった以上、これからは「適切に作って、適切な量販売し、適量を買う」。

余ったものをどう活用するかも大事だけど、それより優先するのは、無駄にしない、余らせないこと。

3Rでいう「Reduce(リデュース)」です。

イタリア・トリエステで出逢った レストランでパンを捨てない方法と3つのメリット

Tokyo-based startups look to link consumers with restaurants to curb food waste

英字紙のTHE JAPAN TIMESに取材記事を載せて頂きました。

飲食店で余った食品を、必要な人へとつなぐアプリ、TABETEとReduce Goの特集記事です。

最後のところでコメントしています。

Tokyo-based startups look to link consumers with restaurants to curb food waste

企業広告炎上はなぜ食品ロスを生み出すのか #午後ティー女子の件

食品メーカーの社員の方は、誰のおかげで給料を頂いているのか、いま一度考えていただきたいなと思います。

企業広告炎上はなぜ食品ロスを生み出すのか #午後ティー女子の件