賞味期限・消費期限に関するアンケート調査結果(20〜88歳男女3875名対象)

2017年8月9日付日経MJ11面に、調査会社インターワイヤードのアンケート結果が載っています。賞味期限と消費期限の違いを理解している人は3875名のうち、89%にのぼり、「ほとんどが理解している」とのこと。また、期限が切れても食べる人は8割以上にのぼるという結果が得られています。このようなアンケートがおこなわれること、歓迎です。ありがとうございます。

この記事を見ると、「みんなわかっている」と思われるかもしれませんが、このような賞味期限のアンケートに協力すること自体、食品の表示に関心の高い層であり、バイアス(偏り)がゼロではないと思います。実際、昨日、東京都の教員87名の研修で、賞味期限と消費期限の違いを問うたところ、教員全員が理解はしていませんでした。

また、なぜ期限切れを食べるかといえば、自分のお金を出して買ったからではないでしょうか。対象者の方たちが、はたしてスーパーやコンビニエンスストアで賞味期限が迫っているものを選んで買っているかというと、店の物=他人の物 なので、古いものは選ばず、期限の新しいものを選ぶ傾向があるのでは・・・と思われます。自分でお金を出して買えば、それは「もったいない」から食べるでしょう。一方、お店にあるものは、他人のものですから、関係ない。あえて賞味期限接近のものを買うのは、割引になっているからではないでしょうか。

賞味期限・消費期限の調査結果(インターワイヤード)

2017.6.30付 Yahoo!ニュース『投稿写真で話題に 「シャリ食べ残し」のなぜ』へのコメント

Yahoo!ニュースに回転寿司でのシャリ食べ残しの記事が出ていましたので、コメントを書きました。

投稿写真で話題に「シャリ食べ残し」のナゼ

<私からのコメント>
シャリを残す人が増えたのは、糖質制限ダイエットが背景にあると思われる。糖質制限は糖尿病や血糖値の高い人には良いが、全ての人に向くダイエット法ではない。2013年3月18日付で日本糖尿病学会は「炭水化物のみを極端に制限して減量を図ることは現時点では勧められない」と警鐘を鳴らしている。シャリ1個30kcal前後なのに対し、脂身の多いトロであればネタだけで50kcalを超える。客側は、シャリを残すくらいなら注文する個数を減らしてはどうか。一方、回転寿司店の一部は、決められた回転数を超えると寿司を全て廃棄している。もったいない。今年5月10日付の朝日新聞は、回転寿司チェーンの元気寿司が「廻さない」店を全国86店舗に増やしたことを報じている。客から注文を受けて作る方式に変え、売上が1.5倍に伸び、ロスも減ったという。客はシャリを残さず、店も回転後に廃棄するのをやめ、双方で食品ロスを減らしていきたい。




2017.6.24 長野県東御市主催の講演会で血糖値コントロールの秘訣10箇条と食品ロスについて150名に講演

長野県東御市主催の講演会で血糖値コントロールの秘訣10箇条と食品ロスについて150名のみなさまにお話ししました。

血糖値のテーマでお話しするのは最初で最後だと思います。


Give a lecture on blood-sugar control and food waste


関係者のみなさまにはたくさん助けていただきました。


ありがとうございました。

2017.6.22 長野市で食品ロスの講演

2017.6.22、長野市で食品ロスの講演をおこないました。

昨日、カンボジアから帰国したばかりなので、体力的にはキツイです。

新幹線で長野駅まで。

長野駅からしなの鉄道に乗り、北長野駅まで。会場はこの近く。


下の写真を撮っているとき、かなりホームの端っこまで行ったので、駅員さんが駅舎から出て来られました、、心配かけて申し訳ございません。


講演は、100人くらい、いらしてくださったそうです。

フードバンク信州さんや、松本市の団体の方も参加してくださいました。


おかげさまで、拙著2種類も完売しました(無理して買っていただいていたら申し訳ないです、、)。

講演後のコメントや質問として、

「食文化についても伝えて欲しい」

「食べきり運動だけでなく、飲み切りについても話して欲しい」

「問題意識の高くない人に伝えるにはどうしたらよいか」

などが挙げられました。

講演には、山梨大学の学生さんも、食品ロスの卒業論文のために、と、はるばる参加してくださいました。

ありがとうございました。
また、8月に講演依頼をいただいている長野県の方や、長野県松本市の職員の方々も、遠くから来てくださいました。ありがとうございました。
講演後は、松本市の方々と、これからの企画について打ち合わせをおこないました。私の好きな、かんてんぱぱカフェで。


こちらのお店には、個室があるんですね。私がケロッグ勤務時代によく通っていた初台のかんてんぱぱカフェは、東京支店の一階にありました。あまりにたくさんの方々を連れていったので、初台から品川へオフィス移転するときには、店長さんと営業の方がご挨拶に来てくださいました。

長野市のかんてんぱぱには、レジ横にチャイルドラインのカードがありました。


チャイルドラインも、ケロッグ時代に長く支援していた団体さんです。


また夏に長野に来ることを楽しみにしています。


あ、明日の名古屋商工会議所の講演が終われば、あさっては長野県東御(とうみ)市主催の講演でした。



今日からの日常生活で、何かひとつでも実践していただけると嬉しいです。