2021.12.27 『食べものが足りない!食料危機問題がわかる本』(旬報社)発売

2021年12月27日新著発売!

On 27th December, I will publish my third book of the year, “There’s not enough food! A book to understand the food crisis” (Junpo-sha) will be published on 27 December, the third book in this year’s series of “Abandoned Food”, which is in its fifth printing. The illustrations by Masae Tezuka are wonderful, and I’m very impressed with the quality of her job. Pre-orders are now open!

12月27日、今年3冊目の著書『食べものが足りない!食料危機問題がわかる本』(旬報社)を上梓します。5刷になった『捨てられる食べものたち』のシリーズ版です。手塚雅恵さんの丁寧なイラストが素晴らしく、ゲラの段階で感銘を受けています。予約も始まりました!

/https://t.co/V9WiV9iWLw?amp=1

https://t.co/V9WiV9iWLw?amp=1

2021.10.22 筑摩書房『SDGs時代の食べ方 世界が飢えるのはなぜ?』

/

10月22日に筑摩書房より『SDGs時代の食べ方 世界が飢えるのはなぜ?』を上梓します。https://honto.jp/netstore/pd-book_31259218.html

エシカルはおいしい!! で連載されていた記事から選りすぐった内容です。

食品ロス問題は、受験や資格試験でも出題されていることが増えています。この本では、10代の方も読みやすいように、イラストを多用して、問いに対し、三者択一で答える形式で書いてあります。巻末には、ターブルオギノの荻野伸也さんの取材内容も掲載されます。どうぞお楽しみに!



https://honto.jp/netstore/pd-book_31259218.html

2021.8.20 新著『捨てないパン屋の挑戦 しあわせのレシピ』(あかね書房)上梓

2019年秋に執筆依頼をいただいた新著『捨てないパン屋の挑戦 しあわせのレシピ』が、本日2021年8月20日、無事に出版されました。紆余曲折を経て「捨てないパン屋」になった、ブーランジェリー・ドリアン、田村陽至さんの物語です。関係者のみなさま、ありがとうございます。

翻訳家、服部雄一郎さんが小学校2年生の末っ子さんと一気読みして、素敵な投稿をしてくださいました。ありがとうございます!

また、ことばのプロ、郷好文さんも長文レビューを書いてくださいました。感謝申し上げます。

小学校中学年以上の方にお読みいただけます。ノンフィクションなので大人の方にもお読みいただけますし、文字が大きめなので、熟年以上の方にも向いています。

2021年8月20日発売
『捨てないパン屋の挑戦 しあわせのレシピ』(あかね書房)https://amzn.to/3xIiKsU

2021.8.8.14:00「捨てないパン屋の挑戦~しあわせのレシピ~」刊行記念 井出留美特別講演会&サイン会 

8月8日(日)14時より、啓林堂書店奈良店で、新著『捨てないパン屋の挑戦 しあわせのレシピ』出版記念の講演会とサイン会を開催します!本の主人公のboulangerie deRien/ブーランジェリ・ドリアン の田村 陽至 さんはリモートで出演されます。少なめの人数で開催します。ご参加お待ちしています!

https://bit.ly/3xHsmUp

本日2021.7.13発売、週刊朝日に掲載

本日発売の週刊朝日7月23日号p66「最後の読書」に掲載されています。「最後の晩餐」はよく聞くけど、「最後の読書」は初めて聞きました。死ぬ前に読みたい本のこと。ご依頼いただいたときにはびっくりしましたが、すぐ本が思い浮かび、原稿書いてお送りしました。Appear on Weekly Asahi issued today