2017.7.28 東京都 小中高校教員向け 「消費者の行動が生む食品ロスのメカニズム」について研修(講演)

2017年7月28日、東京都小中高校の教員向け研修で、「消費者の行動が生む食品ロスのメカニズム」について、研修(講演)しました。

40〜50名くらいいらっしゃいました。

主に、中学と高校の家庭科教諭の先生が多かったようです。

120分間のお話で、最後の10分間で質疑応答の時間をとりました。

講演後に書いていただいたアンケートも、さっと見せていただきましたところ、話し方、内容、話すスピード、密度、講義のしかたなどなど、概ね好評だったようで、安心しました。

具体的に授業に取り入れていただける先生もいらっしゃいました。

今回は、東京都立川市が会場でした。

第二回は、来月、飯田橋でおこないます。

食品ロスを減らす上で、教育は要です。

次回もお役にたてるよう、尽力します。

2017.7.26 東京都菓子工業組合協力会で食品事業者の食品ロス削減について講演

2017年7月26日、東京都菓子工業組合協力会で、食品事業者の食品ロス削減について、講演をおこないました。

主に菓子製造業の方と、食品の包装材料の会社の方、90名に、具体的に減らすためのアプローチ「10の視点」について、お話させていただきました。

会場が上野精養軒で、講演後は、引き続き、懇親会に出席しました。

多くの方が名刺交換をしてくださり、それと同時に、自社の、具体的な悩みを話してくださり、講演がすこしでもお役にたったことを嬉しく思いました。

(株)office 3.11  講演ページ

2017.7.8 平成29年度 第一回 東京都消費者啓発員再養成講座で食品ロスについて講演

2017年7月8日、平成29年度 第一回 東京都消費者啓発員再養成講座で、食品ロスについて講演しました。

2時間の持ち時間でしたので、90分を講義とし、残りの30分間を質疑応答時間にしました。

参加人数は少なかったですが、熱心な方ばかりで、5人くらいの方から質問や意見をいただきました。

厚生労働省は食品ロス問題に関連するのに、なぜ、関連府省庁に厚生労働省が入っていないのか、という質問、ご指摘もありました。

会場は、飯田橋の東京都消費生活総合センターでした。

ここに「夏体験ボランティア」のポスター貼ってありました。

私が最初の職場、ライオン(株)研究所にいたとき、このポスターを見て、特別養護老人ホームでボランティアをした。

ライオンで、業務研究コンテストで、ボランティア体験をもとに応募、参加したら、準優勝した。

そのときの経験が、青年海外協力隊につながっています。

一枚のポスターが、いまのキャリアのきっかけになった。

そう考えると、

なんでも、チャレンジしてみるものだ、と思います。