2017年11月28日 農林水産省ASEAN食産業人材育成事業の一環でミャンマー・イエジン農業大学で120分食品ロスの講義

2017年11月28日、農林水産省ASEAN食産業人材育成事業の一環で、ミャンマー・ネピドー(Nay Pyi Taw, Myanmar)のイエジン農業大学で120分の講義をしました。通訳してくださったのは、テッテッさんです。

今回、参加した大学は次の4つで、全部で42名です。

Yezin Agricultural University
Veterinary University
Co-operative University, Saging
Co-operative University, (地名わからず)

修士課程や博士後期課程の学生、社会人の学生もいらっしゃいました。受講態度は真摯で、難しい内容の講義でも懸命にメモをとり、一番後ろの座席でも、講師の言葉に耳を傾け、うなずいている学生もいました。そして、講義の後、本当によく質問をしていました。受講者のうちの4分の1ぐらいが質問しました。

また、指導する先生も、日本をはじめとする海外で学位を取得した方が多く、今回の講義に同席した女性の先生のお一人は、東京農工大学で修士号と博士号を、もう一人は東京農業大学で修士号と博士号を取得していました。

この農林水産省事業は、ASEAN諸国10カ国の大学へ、日本のフードバリューチェーンについて指導することのできる人材を講師として送り込み、大学で2週間のプログラムを実践し、受講するというものです。

今回は、農林水産省、イオンリテール、日清食品、キッコーマン、ヤクルト、日清食品、吉野家、NECソリューションイノベーター、三井住友銀行、ヤマトグローバルロジスティクスジャパンなど、27人の専門家が順番にミャンマーに入国し、それぞれの専門分野について講義をおこないました。

この2週間のプログラムで、私はたまたま「トリ」を務めました。

今年2017年の2月にはタイのカセサート大学で、6月にカンボジアの王立農業大学で、このプロジェクトの一環で、それぞれ180分間の講義をおこないました。

どの国の講義も、テーマとしては「食品ロス」。毎回、食品ロス削減のための商品開発をおこない、プレゼンテーションしてもらう、という企画にしました。

世界的な背景として、2050年までに世界人口が90億人を超え、食品が足りなくなるので、いまある食資源を大切に消費しないといけないこと。国連が、2015年秋のサミットで、「2030年までに世界の食料廃棄を半減させる」という目標を定めたので、ミャンマーも含めて、世界で食品ロスを減らさなければならないということを説明しました。

前半の講義だけではなく、ワークショップとプレゼンテーションをおこないました。今回は、ミャンマーの農産物を使い、日本向けに輸出するための農産物加工品を開発してもらいました。

ASEAN諸国すべてに言えることですが、吸収力や貪欲さが深く、素晴らしい。

今回の4グループは、それぞれ、バナナチップ、アスパラガスの缶詰、トマトの缶詰、バナナワインなど複数の商品を開発してくれました。

優勝チームはバナナワインのチーム。日本から持参した、パン・アキモト社のパンの缶詰をプレゼントしました。

ほかのチームはジャンケンしてもらい、ラムネ、コロロ(菓子)、エビ煎餅をプレゼントしました。

ありがとうございました。

農林水産省ASEAN食産業人材育成事業でミャンマーのイエジン農業大学へ

農林水産省ASEAN食産業人材育成事業で、ミャンマーのイエジン農業大学へ来ています。

宮古島へ行って、帰ってそのままなので、ちょっと疲れました・・・・

このプロジェクトは、農林水産省が、ASEAN諸国10カ国の大学と連携し、日本から、フードバリューチェーンについて指導することのできる専門家(おもに大手企業の社員)を送り込み、2週間のプログラムを実践するというもの。

4つの大学から学生が集まるそうです。

私は2月にタイのカセサート大学、6月にカンボジアの王立農業大学へいき、今回のミャンマーが3度目です。

双方向の講義にできるよう尽力します。

2017.10.31 第1回食品ロス削減全国大会(長野県松本市)

【紅葉の長野県松本市へ】2017年10月30〜31日の第1回食品ロス削減全国大会が無事閉会しました。

最終日の今日は、国(農林水産省、環境省、消費者庁)と、全国から集まった自治体との意見交換会でした。自治体職員限定でしたが、ちゃっかり入れてもらいました。

一連の行事のうち、9月24日の銀座Naganoでのプレイベントと10月29日のイオンモール松本でのプレイベントで登壇させていただきました。

今年は松本にご縁があるなあ。。と思っていましたら、そういえば母方の祖父は長野県松本市出身でした。

松本市発祥の30・10(さんまるいちまる)が全国に拡がったことは、ひとつの市の取り組みでも全国区になり得るという証明になりました!The 1st Food-Waste Reduction Symposium

東洋学園大学での講義終わり、大阪へ

東洋学園大学グローバル・コミュニケーション学部での「世界食料事情」の講義終わり、大阪に向かっています(古屋先生、ありがとうございました)。

乗り過ごさないよう、博多行きを新大阪行きに変更し、乗り込んだはいいものの、両側に、殴るような勢いで音を立ててパソコンキーを打つ2人に囲まれ、対策を考え中。そこまで力入れなくても入力できると思うけど。誰かに対する怨みがこもってるくらいの勢いです。パソコンキーが削れて見えなくなっているわたしも人のことは言えないが。。。

とりあえず缶ビール飲みます。現場からは以上です。Business trip to Osaka

2017年6月20日 農林水産省ASEAN事業でカンボジアの王立農業大学で180分間の講義

2017年6月20日、農林水産省ASEAN事業の一環として、カンボジアの王立農業大学で180分間の講義をしました。

180分を3分割し、最初の60分間で、食品ロスと食料廃棄に関するレクチャー。クイズをまじえて、世界の食品ロスと、日本の食品ロス、具体的に減らすための方策などについてお話しました。

私の講義は、日本に在住経験のある、カンボジア人のリナさんが、クメール語に通訳してくれました(下の写真、左側がリナさん)。

講義には、青年海外協力隊時代の同期隊員である、山崎幸恵さんも聴きに来てくれました(写真、右手前が山崎さん)。

2限目では、5−6名のグループに分かれて、カンボジアの農産物を使っての商品開発をしてもらいました。

じゃんけんでグループ分けしてもらったのですが、日本のじゃんけんと違うところは、「チョキ」が1本指でもOKなところ。面白いですよね。

7グループ中、豚肉を使ったグループが2グループ。鶏肉の脚の漬け物、穀物パウダー(6種混合)、ドライマンゴー、魚のペースト(発酵食品)などが挙げられました。

実は、この前の日に、プノンペンにあるイオンモールの食料品売り場を視察していました。

カンボジアでも「20%割引」ってあるんですね・・・

鍋の材料でしょうか、さまざまな素材がまとまった形で売られていました。

カンボジアの卵の賞味期限表示についても調べてみました。

残り2週間。っていうことは、日本並み。イオンモールだからかしら。

ピンクの卵も!

驚いたのは、日本語表示のままの食料品が商品だなに並べられていたこと。


つまり、現地の人は、原材料やアレルゲン、栄養表示などが読めないということになります。

カンボジアには、「栄養士」という職業が存在しないのだそうです。

また、商品開発というと、イラストを描くことが多いですが、7グループの中には、イラストがほとんどなく、文字だけを模造紙に書いているグループもいらっしゃいました。

通訳のリナさんによれば、カンボジアの人達は、イラストを描くのが苦手とのこと。

商品開発は、「日本に輸出する目的で」と考えてもらいました。したがって、日本の場合は、アレルゲン表示(義務項目は7項目)をしていないと、自主回収になってしまうことも説明しました。

ふたをあけてみたら、「化学調味料を使っているので日本には輸出せず、ヨーロッパのみ」というグループもありました。「日本」って言ったじゃん・・・(笑)

また、日本では「砂糖や塩を大量に使っているものは避けられやすい」と説明しましたが、考えられた食品は、塩分を大量に使った魚のペーストや、砂糖を60%使ったドライマンゴーなどでした。

やはり、栄養士が存在しないこと、栄養表示がなくても販売できること、食事摂取基準などもないことなど、栄養的な視点がないことが影響しているのかもしれません。

3限目にプレゼンテーションをしてもらいました。「1グループ5分」と設定したのですが、暑さのせいか、タイマーをかけて時間を測るのを失念してしまいました。

1グループが10分以上話すなど、それを7グループが順番にやっていったので、結果的には、とても長い長いプレゼンになってしまいました・・・

タイムマネジメント、学生にまかせるのは、難しそうです。

学生のみなさんは、質問もしながら、楽しそうに聞いてくださっていました。

ASEAN事務局の日本の方々や、インドネシアの方に審査員をお願いし、最終的には優勝チームを決めました。

優勝は、ドライマンゴーを開発したチーム!!

日本から持ってきた女性誌や、日本で販売されている食品のパッケージ多種類、私の本など、いろいろプレゼントしました。

私も最後に、副学長からプレゼントを頂きました。

ココナッツオイルと額でした。

ありがとうございました。

詳しいレポートは、農林水産省の職員の方々や、関係組織の方が購読されている、時事通信社の「Agrio(アグリオ)」に掲載される予定です。

お世話になりましたカンボジアの王立農業大学のみなさま、ASEAN事務局のみなさま、通訳のリナさん、山崎幸恵さん、そして農林水産省のみなさま、ASEAN事務局のみなさま、どうもありがとうございました。