コロナ禍の困窮者を救う「街角冷蔵庫」「公共冷蔵庫」が岡山や大阪に スペイン「連帯冷蔵庫」がモデル

6月22日は冷蔵庫の日。コロナ禍で増える困窮者を救う街角冷蔵庫や公共冷蔵庫が岡山や大阪に登場しています。もともと2015年にスペインで登場した「連帯冷蔵庫」がモデルになっています。岡山県の北長瀬コミュニティフリッジ や、大阪市の循環型地域食堂「ばんざい東あわじ」 、大阪でコミュニティフリッジの設置をめざす寝屋川市民たすけあいの会をご紹介しました。
https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20210622-00244150/

NewsPicks【牧浦土雅✕井出留美】日本にはない本物の「ゼロイチ」のすすめ

アフリカ・ガーナで活動している牧浦土雅さんとの対談記事をNewsPicksに掲載いただきました。牧浦さんはガーナでのお話、私はフィリピンでの話をしています。協力隊の食品加工隊員として活動していた頃の写真や、当時は毎月書いていた「パル通信」の一部も載せていただきました。国際協力に関心のある方はぜひお読みください!https://newspicks.com/news/5789539/body/?ref=user_131756

食品ロス削減推進大賞 消費者庁長官賞受賞

おかげさまで、食品ロス削減推進大賞 消費者庁長官賞を受賞しました。

2008年、当時勤めていたケロッグの、米国本社CSR部長から「日本でもフードバンクに参加したらどうか」と話が来て、自社商品の寄付を始めたのが、食品ロス問題にかかわる最初でした。

誕生日311の食料支援で2011年に退職し、フードバンク(2HJ)の広報になり、より深くこの問題に関わるようになり、2014年秋からは完全に独立して、書籍や講演・講義などを通して広報・啓発活動を続けてきました。

フードバンクを始めた2008年から12年。食品メーカーの当時の同僚や2HJ、全国のフードバンクの方々、取材させていただいた方、大学や大学院の先生、Yahoo!編集部、書籍の編集者さんや出版講座でお世話になった方々など、これまでご一緒してきた方全員と一緒に受賞した賞だと思います。長年、食品ロスの研究を続けてこられた小林先生や、家庭ごみの中の食品ロスの研究を昭和55年から続けてきた京都大学など、多くの尽力者があってこそ、今の食品ロス問題への注目があります。本当にありがとうございました。お世話になった全員の方へ感謝の気持ちがつたわりますように。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

「食品ロス削減推進大賞」日本初の「食品ロス削減推進法」成立に協力 2008年から13年間継続し、多くの「日本初」を生んできた食品ロスのエバンジェリスト(伝道師)としての広報・啓発活動

https://www.caa.go.jp/notice/entry/022441/

https://www.caa.go.jp/notice/assets/consumer_education_cms201_201218_01.pdf


2020.10.16 サーキュラー・エコノミーに勝機あり!ビジネスセミナー

来る世界食料デーの10月16日、エリエス・ブック・コンサルティング の土井 英司 (Eiji Doi) さんとオンライン対談します!案内スタートしたばかりですが、すでに残席半分だそうです。土井さんのメールマガジンBBM(ビジネスブックマラソン)からご案内を引用します。
—————————————-
エリエス・ビジネスセミナー
「サーキュラー・エコノミーに勝機あり!」
10/16(金)19時~21時
Zoomにて ※参加者には後ほどURLを送ります
参加費:1万円(税別)
定員:50名
※お申し込みはこちらから  https://lnkd.in/gzuG9vU

https://lnkd.in/gzuG9vU

「問題は経済なのだよ、愚か者」(”It’s
the economy, stupid”)とは、か
つてビル・クリントンが当選した時に使っ
た言い回しですが、コロナ後のサーキュラ
ー・エコノミーにおいては、こう言えるで
しょう。
「問題は利益なのだよ、愚か者」
(”It’s the profit, stupid”)。
もしメーカーが8,000円のコストをかけて
10,000円で売る商品を作ったら、利益は
2,000円ですが、あるものに付加価値をつ
けるサーキュラー・ビジネスでは、原価が
ほぼゼロなので、売上が2,500円だとして
も2,000円儲かります。
利益にフォーカスすれば、サーキュラー・
エコノミーでも儲かるビジネスは作れるの
です。
当日は、サーキュラー・エコノミーにおけ
るビジネスチャンスについて最先端の企
業事例とともに紹介します。
次のビジネスチャンスを整理し、どこに機
会があるのか、どの企業が有望かを知
る絶好のチャンスです。
ぜひご参加ください!
今回の募集人数は50名。
現在、26名のお申込みをいただいており、
残席24です!

【セミナー詳細】
エリエス・ビジネスセミナー
「サーキュラー・エコノミーに勝機あり!」
10/16(金)19時~21時
Zoomにて ※参加者には後ほどURLを送ります
参加費:1万円(税別)
定員:50名(残席24)
※お申し込みはこちらから https://lnkd.in/gzuG9vU

https://lnkd.in/gzuG9vU

<トピックス>
1.サーキュラーエコノミー(循環型経済)とは何か
2.サーキュラーエコノミーになると何が変わるのか 
3.サーキュラーエコノミーを考えてビジネスするメリット 
4.これだけは知っておきたいSDGsの基本 
5.SDGsに取り組む海外の最先端企業の事例 
6.SDGsに取り組むにあたってお手本にしたい日本企業 
7.サーキュラーエコノミーにおけるビジネスチャンス 
8.サーキュラーエコノミー関連銘柄リスト 
9.ビジネスヒントを得られる書籍5冊 
10.井出さんが考える日本企業の未来
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2020年5月28日NHKジャーナル出演

【メディア出演】28日(木)22時NHKラジオ第一「NHKジャーナル」に「自粛で浮かび上がった食の課題」と題して出演します。Appear on NHK Journal featured food loss and waste on May 28th http:// https://www4.nhk.or.jp/nhkjournal/

メディア出演やYahoo!記事など、仕事関連の情報は、Facebookページに投稿しています。https://www.facebook.com/office311/

Yahoo!ニュース個人(フォロー歓迎です♫)https://follow.yahoo.co.jp/themes/0b10d3ffabc6055d9024/

2分間動画シリーズ(緊急事態宣言前の2〜3月、小さな島へ渡航して撮影したものです。チャンネル登録歓迎♪)https://bit.ly/2zBHIRr