2017.7.28 東京都 小中高校教員向け 「消費者の行動が生む食品ロスのメカニズム」について研修(講演)

2017年7月28日、東京都小中高校の教員向け研修で、「消費者の行動が生む食品ロスのメカニズム」について、研修(講演)しました。

40〜50名くらいいらっしゃいました。

主に、中学と高校の家庭科教諭の先生が多かったようです。

120分間のお話で、最後の10分間で質疑応答の時間をとりました。

講演後に書いていただいたアンケートも、さっと見せていただきましたところ、話し方、内容、話すスピード、密度、講義のしかたなどなど、概ね好評だったようで、安心しました。

具体的に授業に取り入れていただける先生もいらっしゃいました。

今回は、東京都立川市が会場でした。

第二回は、来月、飯田橋でおこないます。

食品ロスを減らす上で、教育は要です。

次回もお役にたてるよう、尽力します。

2017.7.26 東京都菓子工業組合協力会で食品事業者の食品ロス削減について講演

2017年7月26日、東京都菓子工業組合協力会で、食品事業者の食品ロス削減について、講演をおこないました。

主に菓子製造業の方と、食品の包装材料の会社の方、90名に、具体的に減らすためのアプローチ「10の視点」について、お話させていただきました。

会場が上野精養軒で、講演後は、引き続き、懇親会に出席しました。

多くの方が名刺交換をしてくださり、それと同時に、自社の、具体的な悩みを話してくださり、講演がすこしでもお役にたったことを嬉しく思いました。

(株)office 3.11  講演ページ

情報発信者の役割とは(Yahoo!News個人総合アクセスランキング1位)

Yahoo!News個人総合アクセスランキング1位になっていました。食べ物を捨てることに悩む事業者・オーナーさんから電話やメール、Twitter、メッセンジャー、ホームページの問合せフォームを通してご連絡頂いて悩みを聴かせて頂き、反響に驚いています。情報を発信する人(マスメディア、広報・PR担当者含む)の役割は、強者におもねることではなく、見て見ぬふりをすることでもなく、すこしでも社会を良い方向に変えるため、「伝わるように伝えること」だと信じています。My column on food waste

「こんなに捨てています・・・」コンビニオーナーたちの苦悩

2017.7.24 川口市廃棄物対策審議会委員に委嘱

今月7月より2年間の任期で川口市廃棄物対策審議会委員に委嘱されました。今日、委嘱式と審議会がありました。「食品ロス削減検討チーム川口」のメンバーで市議の奥富 精一 (Okutomi Seiichi)さんが勧めて下さいました。川口市は、人口50万人以上の都市のうち、一人一日あたりのごみ排出量(家庭系+事業系)が全国で5番目に少ないです(by環境省)。全国一を目指します。奥富さん、ありがとうございました!I was elected as the member of Waste and Recycling committee in Kawaguchi