2017年4月5日 NHK「ガッテン!」缶詰特集 製造から73年経った缶詰は・・

2017年4月5日放送NHK『ガッテン!』は、缶詰特集でした。

製造から73年経った缶詰(赤飯)を開けたところ、雑菌は検出されませんでした。

缶詰は、理論的に半永久的に持ち、熟成した方が美味しくなるとのこと。番組に登場したツナ缶会社の職員たちは「賞味期限が切れて2、3年経ったものが美味しい」とのこと。缶詰博士も「作ってから半年以上経つと味が染みてくる。買うときには期限が迫ったものを買う」と話していました。

日本では、缶詰の缶の品質保持期限に準じて、どの缶詰も三年間の賞味期限が設定されています。ただ、もし今この瞬間に大地震が発生し、賞味期限の過ぎた缶詰が唯一の食料であれば、捨てずに食べるのではないでしょうか。

賞味期限を厳密に守り、切れたら即棄てる人は多いですが、賞味期限=品質が切れる日付ではありません。自分の五感で判断して食べれば、お金の無駄もなくなります。

NHK「ガッテン!」缶詰特集(2017.4.5放送)

スポンサードリンク



2017年4月6日 Yahoo!ニュースに記事アップしました→お花見や宴会の食べきり運動、全国で呼び名違う?

2017年4月6日、Yahoo!ニュースに記事をアップしました。

お花見や宴会の食べきり運動、全国で呼び名違う?

スポンサードリンク



2017年4月4日 日本気象協会訪問

日本気象協会さんのオフィスを訪問しました。

東京・池袋のサンシャインビル、55階です!

「気象と食品ロス」は意外な組合せかもしれません。日本気象協会さんは、気象データを食品事業者へ提供することにより、需要予測の精度を上げ、食品ロスを減らすというプロジェクトを推進しています。たとえば寄せ豆腐は、前日との気温差が大きいほど売れ行きが上がります。前日との気温差データを見ることにより、需要予測の精度が30%上昇し、豆腐のロスも削減することができました。
私がYahoo!ニュース個人に書いた記事「なぜ食品業界は日本気象協会に仕事を依頼するのか」も、ささやかながら、お問い合わせの増加や新しいお客さまの獲得につながったようで、嬉しく思っています。

なぜ食品業界は日本気象協会に仕事を依頼するのか

Meeting with JWA ( Japan Weather Association )

2017年3月30日発表  日本気象協会、商品需要予測事業を正式に開始 ~「あらゆる産業」へのコンサルティングサービス提供を目指し、専属部署を新設~

日本気象協会、商品需要予測事業を正式に開始 ~「あらゆる産業」へのコンサルティングサービス提供を目指し、専属部署を新設~

スポンサードリンク



2017年3月28日 水野真紀さんの誕生日に水野真紀さんの「細雪」へ

水野真紀さんの「細雪」観賞&楽屋に呼んで頂きました(今日3月28日は水野真紀さんの誕生日!)。

2002年に私が前職で御礼の葉書を送って以来、この16年間、互いに手書きの手紙でやり取りし、仕事する同志として励まし合ってもきました。

私は銀行員だった亡父の転勤で引っ越しが多かったため、遠くの人とのコミュニケーション手段は、小さい時から手紙でした。

相手と物理的に離れることや、インターネットを使わない通信手段は、「それでもなおこの人と繋がっていたいのか」を試されます。物理的な距離や通信手段の不便さは、人との繋がりにふるいをかけます。

手書きしかない時代に生まれ育ってきて本当〜に良かった。

海外で手紙しか通信手段がない時、郵便受けを覗く時の、あの待ち遠しい気持ちたるや。手書きの良さも不便さもネットの良さも、両方味わうことのできる時代に生きられる、この幸せ。Meeting with Maki Mizuno, an actress

スポンサードリンク