五輪の食材、食品ロスはないのか?大会組織委員会に聞いた

The Tokyo Olympics are only 50 days away. At the London Olympics, 2,443 tons of food loss and waste was generated, will there be any food loss and waste at the Tokyo Olympics? We asked the organizing committee of the Olympics. #FoodLossandWaste#FLW

東京五輪まであと50日となりました。ロンドン五輪では食品ロスが2,443トン発生していますが、東京五輪では食品ロスは発生しないのでしょうか。大会の組織委員会に聞いてみました。#食品ロス

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20210604-00241297/

「生ごみ出しません袋」「燃やすしかないごみ」年間2兆円のごみ処理減らす自治体の取り組み

Yahoo!トピックス「地域」に掲載されている記事です。今日はごみゼロの日。1990年代半ば頃、カリフォルニアやイタリアで、環境保護運動を通じて「ゼロウェイスト」(Zero Waste:ごみゼロ)の考え方が醸成されてきました。世界各国で意見交換を行う「ゼロウェイスト国際連合」(ZWIA: Zero Waste International Alliance)という組織もあります。日本では、ゼロウェイスト宣言を行った自治体は、日本で初めて宣言した徳島県上勝(かみかつ)町を含む5自治体のみに過ぎませんが、この運動の発祥国のひとつであるイタリアでは、全国で300を超える自治体がゼロウェイスト宣言を行っています。坂野晶さんや服部雄一郎さんの取り組みもご紹介させていただきました。

This article is from the “Community” section of Yahoo! Topics. Today is Zero Waste Day, a day when the concept of “Zero Waste” (zero waste) was fostered in California and Italy around the mid-1990s through the environmental protection movement. There is also an organization called the Zero Waste International Alliance (ZWIA), which exchanges opinions among countries around the world. In Japan, only five municipalities have declared zero waste, including the town of Kamikatsu in Tokushima Prefecture, the first municipality in Japan to do so, but in Italy, one of the countries where this movement originated, more than 300 municipalities have declared zero waste nationwide. We have also introduced the efforts of Akira Sakano and Yuichiro Hattori.

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20210530-00240328/

賞味期限の意味「知っている」と答えた人の55%は説明できず 米国の最新論文

米国の論文によれば、賞味期限の意味を「知っている」と答えたうち、55%は説明できなかったとのこと。日本でも内閣府の世論調査で87%が「賞味期限と消費期限の違いがわかる」と答えていますが、商品棚の奥から取る人が68%いるので、わかっているといえないかもしれません。https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20210518-00238315/

スープがまるで「飲める焼き魚」? 廃棄予定「もったいない魚」を丸ごといかす中華そば

魚介類は、獲れた全部を流通にのせられない悩みを抱えています。コロナ禍でその傾向が加速し在庫過多に・・・
廃棄予定のもったいない魚を丸ごと炭火焼きにしてスープに生かしたラーメンが誕生しました。意外ですが、フランスのビスクとスープの調理法が似ています。#食品ロスhttps://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20210517-00238108/

コロナ禍で買い物や外食はどう変化した?世界28ヵ国、2万人の調査結果

Ipsos conducted a survey of 20,504 people aged 16-74 in 28 countries (November 20 to December 4, 2020) to find out how the COVID-19 disaster has changed the way people shop and eat out. The results for Japan will be compared with the survey results published by the Cabinet Office and the Ministry of Internal Affairs and Communications. #COVID-19 #shopping #eating out

コロナ禍で、買い物や外食はどう変化したのでしょうか。Ipsos(イプソス)社が、世界28ヵ国の16〜74歳、20,504人を対象に調査を実施しました(2020年11月20日から12月4日)。日本の結果については、内閣府や総務省が発表している調査結果と比較してみます。#コロナ禍#買い物#外食

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20210506-00236292/