お供えした食べ物はどこへ?釈迦の生誕祝う花まつりの4月8日、超宗派で広がるおてらおやつクラブを知ろう

4月8日はお釈迦さまの生誕を祝う「花まつり」。

お供えした食べ物を無駄にせず、活かす活動「おてらおやつクラブ」が、宗派を超えて、全国の812のお寺に広がっています。

お供えした食べ物はどこへ?釈迦の生誕祝う花まつりの4月8日、超宗派で広がるおてらおやつクラブを知ろう

「どうせ買うなら日付の新しいものを」賞味期限の新しいものを奥から取ると食品ロスが増え価格が高くなる?

賞味期限の新しいものから取ります、という人はどのくらいいるのでしょう。

565人に聞いてみました。

「どうせ買うなら日付の新しいものを」賞味期限の新しいものを奥から取ると食品ロスが増え価格が高くなる?

4月に増える新入生・新入社員の歓迎会で食べ残しによる食品ロスをゼロに、会費が安く済む3つの秘訣

4月になり、新入生や新入社員の歓迎会が増える時期ですね。会費を安く減らし、かつ、食べ残しによる食品ロスを減らす秘訣を3つにまとめました。

4月に増える新入生・新入社員の歓迎会で食べ残しによる食品ロスをゼロに、会費が安く済む3つの秘訣

宮軒直子さん著『お金が儲かる新片づけ術』(三笠書房)

2015年から2016年まで通っていた講座でご一緒していた宮軒直子さんが、初の著書を上梓されました。

三笠書房の『お金が儲かる新片づけ術』です。

私が注目したのは、もちろん、食品に関するページ。

40ページに、賞味期限と消費期限の違いに関することが書いてあります(ありがとうございます!)。

賞味期限を「品質が切れてしまう日付」だと誤解している人が本当に多く、その誤解を解きたくて、『賞味期限のウソ』 という本を出したくらいです。

宮軒さんが本で書いていらっしゃる通り、賞味期限が切れたからと行って、すぐに食べられなくなる訳ではありません。

賞味期限が過ぎた食品が、インターネット上には出品されているそうです。

ヨーロッパでは、賞味期限が切れたものだけを扱うスーパーまで登場しました。が、日本では、賞味期限切れを扱う店はわずかです。このページを見て、早速、私もインターネット上で賞味期限の過ぎた食品の出品をチェックしてみようと思いました。

次に私が注目したのが、本の販売に関するページです。

実は私も2015年に、古物商取引認可を取得し、古本を販売しています。

宮軒さんがこの著書で書かれているように、読み終わった本を捨てるのは「もったいない」という気持ちで、古本屋にまとめて持って行っていました。ただ、古本ショップに持って行っても、二束三文だな・・・と思い、せっかく新しい本を綺麗に読み終えても、数十円にしかならなかったりするので、「それなら自分で売ろう!」って思ったんです。

株式会社office 3.11の公式サイトに「ショップ」というページを設け、BookCafeJapanという屋号をつけて、主にアマゾンで、地道に販売してきました。

そうやって、2015年6月ごろから売ってきた書籍の冊数は、2018年2月26日現在で1,254冊までになりました。コツコツと、小さいことも続けていくと、積み上げると大きな力になります。

宮軒さんのこの著書では、インターネット上で売るものを、ヤフオク!とAmazonとメルカリとを使い分けるやり方が書いてあります。アマゾンの売れ筋として「本・雑誌」や「CD・DVD」などが勧められており、自分流でやってきたことが、この道の専門の方に認められた気がして嬉しかったです。

私の場合、洋服やアクセサリーより、書籍を頻繁に買うので、それだけどんどん溜まっていくので、捨てずに売ってお金を得る・・・というやり方は、ここ3年ぐらいで実感していて、ぜひ、自分に合う物、楽なものからやってみて欲しいです。

アマゾンでも「すぐにできそう」「わかりやすい」の評価が並んでいます。

気軽な気持ちでぜひ!チャレンジしてみてくださいね。

宮軒直子著 『お金が儲かる新片づけ術』三笠書房