なぜ賞味期限は食品ロスを増やすのか

すべての食品に賞味期限表示があるわけではありません。アイスクリームやガムなど、省略できるものもあります。それでも私たちは食品を買い、消費しています。賞味期限の存在はなぜ食品ロスを増やすのか。10の理由を挙げてみました。

なぜ賞味期限は食品ロスを増やすのか

「ウェディングケーキ捨てた」コンビニや飲食店で捨てられる食べ物の実態 バイトの大学生101名に聞いた

専修大学商学部で114名に食品ロスの講義を行ない、飲食系バイトで捨てている食べ物についてアンケートを実施した結果を記事にまとめました。

「ウェディングケーキ捨てた」コンビニや飲食店で捨てられる食べ物の実態 バイトの大学生101名に聞いた

年間110万人の修学旅行生が訪問する京都市に聞いた 宿泊先で捨てられる夕食の食べ残しの実態

京都市には、国内外の観光客に加えて、修学旅行生が年間110万人訪れるそうです。食べ残し、いわゆる食品ロスについて、どう減らすのか、京都市に伺いました。

年間110万人の修学旅行生が訪問する京都市に聞いた 宿泊先で捨てられる夕食の食べ残しの実態

定価5,250円、賞味期限が5ヶ月残っている食品を家庭ごみで丸ごと捨てたあなたへ

5月30日は「ごみゼロの日」。

あの時、あの食べ物を捨てた人へ。この記事は届くでしょうか。

定価5,250円、賞味期限が5ヶ月残っている食品を家庭ごみで丸ごと捨てたあなたへ