10月26日は「柿の日」もっちりした市田柿の加工時に750トン発生する廃棄物を活かしたコスメティクス

10月26日は柿の日。市田柿が生産される際に750トンも発生する柿の皮を使ったコスメが誕生しています。

10月26日は「柿の日」もっちりした市田柿の加工時に750トン発生する廃棄物を活かしたコスメティクス

「食品ロスを減らすと経済が縮む」は本当か

10月24日、テンプル大学で開催された、2018年度港区民大学テンプル大学ジャパンキャンパス公開講座に登壇しました。「食品ロスと経済」の関係について会場から質問が出されました。食品ロスを減らそうとすると売り上げは必ず減るのでしょうか?具体的な事例を見てみましょう。

「食品ロスを減らすと経済が縮む」は本当か

「寿司60皿、クリスマスケーキ大量」女子大生444名が飲食・コンビニ・スーパーのバイトで捨てる食べ物

飲食系でバイトする女子大生は、どんな食べ物をどれくらい捨てているのでしょうか。

現場の生コメントを載せました。

「寿司60皿、クリスマスケーキ大量」女子大生444名が飲食・コンビニ・スーパーのバイトで捨てる食べ物

岩手県盛岡市主催のシンポジウムで食品ロスの基調講演

世界食料デーの10月16日、岩手県盛岡市主催のごみ減量資源市民のつどいで約500名の方に食品ロスの基調講演を行いました。盛岡市役所の方に会場でのフードドライブをご提案し、フードバンク岩手の阿部 知幸さんとのコラボレーション!(阿部さんとお会いするの2年ぶり!)拙著『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書、3刷)と、達也坂巻さん宗高 美恵子 (Mieko Munetaka)さんが作ったおからと豆乳のケーキ「おから〜ぬ」の50セットも完売!盛岡一高の熱心な生徒さん4名も質問に来てくださいました。盛岡市の食品ロスが減りますように!Give a lecture on food waste and loss at the symposium supported by Morioka, Iware

フードバンク岩手の全国紙掲載記事

https://www.asahi.com/sp/articles/ASKBK4436KBKUBQU00F.html