農林水産省ASEAN食産業人材育成事業 タイ・カンボジア・ミャンマー

【農林水産省ASEAN食産業人材育成事業】

講義が「ミャンマー語に訳される」という、生まれて初めての経験。

日本の企業から27名が講師として派遣された2週間のプログラム中、学生たち自身に商品開発と発表をやってもらう、初の試み。

「初めて」のチャレンジは、リスクも伴うけど、やっぱり楽しい。

自分が一方的にしゃべり続ける一方通行の講義ではなく、現地の学生たち自身が考え、話し合い、発表する。彼らの中にあるものを引き出し、楽しみながら受講してもらう機会を創ることができたのが、ささやかな喜びでした。

今年は2月にタイ・6月にカンボジア・11月にミャンマーでの講義の機会を頂きました。全て「初めて」の経験でした。ありがとうございました!Give a lecture on food loss at Yezin Agricultural University in Myanmar, food-value-chain program supported by MAFF

プロフェッショナルとは

『プロフェッショナルとは、積み重ね努力することが創造の源であるということを知っている者。誠実に挑戦し、持続する意思のある者。そして、その成果を出すことができる者。これをプロフェッショナルと申します』

2017年11月21日放送 TV朝日「トットちゃん!」 大岡龍男先生の台詞より

2017年11月7日 埼玉県川口市の川口商工会議所青年部(YEG)例会「川口市は全国一を狙うことができる!賞味期限のウソ 食品ロスをなくすために」で講演

2017年11月7日、埼玉県川口市の川口商工会議所青年部(YEG)の例会で、「川口市は全国一を狙うことができる!~賞味期限のウソ。食品ロスをなくすために~」を企画していただき、そごう川口10階のダリヤルームで開催されました。

食品ロス削減検討チーム川口でご一緒している川口市会議員の奥富精一さんや、朝日環境センターの浅羽理恵さんが聴いてくださいました。ありがとうございました!(以下、奥富さんがランキングまとめてくださったのを引用します)。

環境省が毎年発表している、市区町村ごとの、一日一人あたりのごみ発生量のランキング(環境省発表、平成27年度)。川口市は「人口50万人以上の都市」に相当し、いまのところ全国5位というランキングです。一人あたり一日50gだけ減らせば、充分、「全国一位」になれるのです。

第1位 八王子市 813.3g
第2位 松山市  817.5g
第3位 広島市  853.6g
第4位 横浜市  866.4g
第5位 川口市  867.3g

京都市では、平成12年に80万トンあった年間のごみ量を、いま半減近く減らしてきています(40万トン台)。ぜひ川口市も頑張って削減し、その分を福祉や教育などに活用していきたいです。

2017.11.6付 読売新聞朝刊全国版 政治・経済面に食品ロス特集記事と取材コメント掲載

本日11月6日付 読売新聞朝刊 全国版4面(政治・経済面)(発行部数9,017,238部)に食品ロス特集記事が掲載され、記事の締めとして取材コメントを掲載頂いています。→「食品ロスに詳しい消費生活アドバイザーの井出留美氏は『年月表示の拡大だけでは削減は進まない。容器や製造工程の見直しを通じて賞味期限を延ばす努力も必要だ』と指摘している。」

メディア関係者や広報の方なら、文字数の関係ですべてのコメントが載らなかったのだろうなーと察していただけると思いますが、私が話した総括は、この記事では省略されています。年月表示化をはなから否定していると受け取られないことを祈ります。。

もともとの私のコメントの趣旨は次の通り。「賞味期限の年月表示化は、食品ロス削減の上で歓迎すべき機運。そもそも日本の法律では、3ヶ月以上の賞味期間があるものは、日付表示が省略できる。ただ、現状、たとえば賞味期限2017年11月11日と表示されているものは、年月表示にすると、半端な日付(11日分)は切り捨てられ、2017年10月と表示されることになる。したがって、考え方によっては、年月表示化でロスが増えてしまうことにもなってしまう。そこで企業は、年月表示化と並行し、容器や製造工程の見直しを通して賞味期限延長をすることも必要だと考える」

Appear on Yomiuri Nespaper ( circulation: 9,017,238)