iderumi の紹介

井出留美(いで・るみ) 株式会社 office 3.11 代表取締役 社会活動家。 世界13億トンの食品ロスの削減を目指す食品ロス問題の専門家。 消費生活アドバイザー (内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)。 女子栄養大学/石巻専修大学 講師、博士(栄養学)/修士(農学)。 東京大学大学院農学生命科学研究科修了。 ライオン入社後、ボランティア体験を基に提言したコンテストで 準優勝。「人の役に立ちたい」と退職、青年海外協力隊参加。 帰国後、日本ケロッグ入社。広報室長と社会貢献業務を兼任、 余剰食品を困窮者に活用するフードバンクへの支援を開始する。 3.11の食料支援時、理不尽な大量廃棄に憤りを覚えて退職。 人生の転機となった誕生日を冠した(株)office3.11設立。 フードバンク広報の依頼を受け、NPOとして史上初の PRアワードグランプリソーシャル・コミュニケーション部門 最優秀賞や農林水産省食品産業もったいない大賞食料産業局長賞へと 導く。独立後のメディア出演はNHKや日経新聞等180回。 埼玉県川口市で市議、県庁職員、商店街振興組合理事長、 パン屋、NPOなどを集めて「食品ロス削減検討チーム川口」を主宰し、 余剰食品を集めて困窮者に活用するフードドライブを実施している。 著書に「一生太らない生き方」。 NHK「おはよう日本」「あさイチ」「news Watch9」「特報首都圏」 「週刊ニュース深読み」「オイコノミア」NHK World、 テレビ東京「ガイアの夜明け」等出演多数。 「すべての人が安心して食べられる、笑顔で暮らすことができる社会」 を目標に、「食」の課題を伝える活動を続けている。 http://www.office311.jp/profile.html#pro

2018.2.8 フジテレビ「めざましテレビ」に出演、恵方巻大量廃棄、食品ロスの件で

昨日「眞子さまの件で放送未定になった」とお伝えした件、今朝2月8日朝7:15〜、フジテレビ「めざましテレビ」で恵方巻大量廃棄問題、無事放送されました。

社会や消費者の意識、メディアが、ここ何年かかけて、少しずつ変わってきているのを実感できました。「もうやめにしよう」と、欠品を恐れての大量販売に一石を投じたスーパー、ヤマダストアーが取り上げられたのが一番嬉しかったです。この機運が全国に広がりますように!

Appear on TV program on the 8th of February

収録内容の放送延期

昨日(2018年2月6日)の午後、突如依頼を受け、収録に行き、今朝放映される予定でしたが、眞子さまの件で放送延期となりました。食品ロス問題を世に問い議論を起こす機会になるよい内容でした。ディレクターさんもAD(アシスタント・ディレクター)さんもいい方だったので残念です。

恵方巻大量廃棄については問題提起を続けてきたので、ここ2日間で10近くの番組や媒体から取材を受けました(TBSのNスタと朝日新聞の2月3日付・2月6日付に出ました)。

会社を退職して独立したきっかけの一つが、3.11のとき「自社の都合や利益にこだわるのでなく、今の社会に本当に必要なことを伝える(みうらじゅんさん云うところの「自分なくし」をする)ことで、結果的には自分も組織も社会も良くなる”三方良し”の体験をしたこと(日本経済新聞が記事として取り上げてくれた)でした。

自分は今の社会に必要なことを発信できているか。

それにより社会に(良い)影響を与えることができているか。

伝わるように伝えているか。

みうらじゅんさんの云う「自分なくし」ができているか。

改めて自分に問いたいと思います。

君たちはどう売るのか 大量の恵方巻廃棄にスーパーが投じた一石「対前年比○%増」は成長指標として万能か

2018年2月5日放映のTBS「Nスタ」と、今朝2月6日付の朝日新聞社会面に登場しました。両方とも恵方巻廃棄の件です。

2月4日の夜から5日にかけて複数のテレビ局から取材が殺到し、電話が取れないくらいでした。2016年から、恵方巻大量廃棄に関する問題提起を続けていますが、「毎年こんなん続けても変わらないんじゃないか」と心身疲れました。

が、あるスーパーが投じた(恵方巻大量)「もうやめにしよう」という広告記事を、メールで教えて下さった方がいらっしゃいました。嬉しかったです!少しは世の中変わってきたのかな?Column on food loss

君たちはどう売るのか 大量の恵方巻廃棄にスーパーが投じた一石「対前年比○%増」は成長指標として万能か

恵方巻き、早くも大量廃棄 店頭に並ばないケースも…

朝日新聞デジタル2018年2月3日付記事に取材コメントを載せて頂きました→食品ロス問題を研究する井出留美さんは「足りないと販売する機会を逃すため、小売りは多めに発注し、工場は余ることを見越して製造せざるを得ない。私たちの作り過ぎ、買い過ぎの姿勢を見直す時ではないか」と話す。

恵方巻き、早くも大量廃棄 店頭に並ばないケースも…