iderumi の紹介

井出留美(いで・るみ) 株式会社 office 3.11 代表取締役 社会活動家。 世界13億トンの食品ロスの削減を目指す食品ロス問題の専門家。 消費生活アドバイザー (内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)。 女子栄養大学/石巻専修大学 講師、博士(栄養学)/修士(農学)。 東京大学大学院農学生命科学研究科修了。 ライオン入社後、ボランティア体験を基に提言したコンテストで 準優勝。「人の役に立ちたい」と退職、青年海外協力隊参加。 帰国後、日本ケロッグ入社。広報室長と社会貢献業務を兼任、 余剰食品を困窮者に活用するフードバンクへの支援を開始する。 3.11の食料支援時、理不尽な大量廃棄に憤りを覚えて退職。 人生の転機となった誕生日を冠した(株)office3.11設立。 フードバンク広報の依頼を受け、NPOとして史上初の PRアワードグランプリソーシャル・コミュニケーション部門 最優秀賞や農林水産省食品産業もったいない大賞食料産業局長賞へと 導く。独立後のメディア出演はNHKや日経新聞等180回。 埼玉県川口市で市議、県庁職員、商店街振興組合理事長、 パン屋、NPOなどを集めて「食品ロス削減検討チーム川口」を主宰し、 余剰食品を集めて困窮者に活用するフードドライブを実施している。 著書に「一生太らない生き方」。 NHK「おはよう日本」「あさイチ」「news Watch9」「特報首都圏」 「週刊ニュース深読み」「オイコノミア」NHK World、 テレビ東京「ガイアの夜明け」等出演多数。 「すべての人が安心して食べられる、笑顔で暮らすことができる社会」 を目標に、「食」の課題を伝える活動を続けている。 http://www.office311.jp/profile.html#pro

2017年9月24日(日)銀座NAGANOでトークショー 食べものの“もったいない”教室

週末から石巻入りします。一週間、90分×15コマの「フードスペシャリスト論」の集中講義を石巻専修大学でおこないます。(それまでに、この、のどの痛みと咳を治さなくては・・)

9月22日夜にこちらに戻ってきます。9月24日(日)、長野県松本市が実施する、銀座NAGANO(東京都)でのトークショー、3回シリーズに登壇します。いま公式サイトからお申し込み受付中です。よかったらぜひ!銀ブラのついでにお立ち寄りくださいね!

銀座NAGANO

2017年9月9日、超ブレイク塾 西澤一浩さん主催 DAF(ダフ)9の10分間で伝えたかったメッセージ

2017年9月9日、DAF(ダフ)9で4回目の登壇をしました。

(写真:松崎元気さん)

DAF(ダフ)は、超ブレイク塾の西澤一浩さんが四半期ごとに主催しているイベントです。

DAF9

これまでの3回は、食品ロスに関するtips(ヒント)というのでしょうか、「卵は57日間、生で食べられる(気温が10度以下と低い冬場)」とか、「3010(さんまるいちまる)運動=宴会の、最初の30分間と最後の10分間は食べきる」みたいなことをお話してきました。

先月8月23〜24日に、Yahoo!Newsの記事執筆に関する遠方取材へ行ったときから、体調がおかしくなりました。寒気と、足のふるえと、唾液を飲み込んでものどが痛い状況。

そして、立て続けに長野県庁での講演があり、移動と声を張り上げたことがよくなかったのか、のどが痛くなってしまいました。今回はキツかった・・・・

いつも、パワポ無しで登壇するときには、原稿をつくり、キッチンタイマーで時間をはかりながら、何度も何度も、繰り返し練習します。

今回もそれは同じだったのですが、練習の時点で、声を出すと、もう、痛かったのです。

練習したいという気持ちと、でものどが痛いから無理できないというのとのジレンマ。

自分の力の限界というものを、否応無しに考えさせられる事態となりました。

そこで、「命=限界のあるもの」というのをテーマに入れ、「食」の中にひそむ命ということ、自分はなぜこの食品ロス問題に関わっているのかという、きっかけと経緯、「伝える」ということに対してどう考えているかについてお話することにしました。

(写真:松崎元気さん)

「食品ロス」の話(特に、減らすノウハウ)は、わたしでない、他の誰でも話せるのではないか、という思いもありました。

自分にしか話せないことは何だろう?と考えたとき、やはりこれまでの来し方(生き方、働き方)ではないかと思いました。

エピソードを3つ入れました。

1、父の死 ・・・伝えたかったメッセージ= 命を失うのと引き換えに、人は何かを得ているのではないか。命には限りがある。

2、ニワトリの命(青年海外協力隊で体験したニワトリさばき)・・・・伝えたかったメッセージ=にわとりの命を喪うのと引き換えに、人間は命をいただいている。「食べ残す」というのは、単に「もったいない」とか、誰かに叱られるからだめ、とかいうより、もっと深い。命を無駄にするということ。

3、3.11で経験した「伝える」・・・伝えたかったメッセージ=会社に属する広報は、「自分の会社」「自社の製品」にこだわりがちだけど、「いまの社会にとって、最も大事なこと、肚の底から伝えるべきだと信じることを伝えること」で、会社にとっても、自分にとっても、社会にとっても、三方良しとなるはず

3番目の話は、拙著『賞味期限のウソ』のあとがきでも入れた話です。

出版講座のプレゼンでも語った内容で、多くの方に伝えたい!と、強く感じて(信じて)いることです。

終わってみて、初めて参加した女性の方が、「おはなし、感動しました」とおっしゃって、本を買いに来て下さいました。おかげさまで、前回に引き続き、今回も、持ってきた本は完売しました。毎回、売ってくださっている米山さん、佐藤さん、山根さん、いつも本当にありがとうございます。

自分のパフォーマンスについては、(毎回そうなんですが・・・)劣等感しかなく、ちゃんと伝わったかどうか、わかりません。

これ、DAFに限らず、講演のたびに毎回、思っています・・・・「よっしゃーうまくいった!」と、100%満足したことって、一度もありません。(みんなはどうなんだろう??)

DAFのレギュラーメンバーの方々のパフォーマンスは、本当に素晴らしく、エンターテイメント要素を入れながら、コアメッセージがあり、お客さんを楽しませています。私に欠けているものを皆さん持っていらっしゃいます。

今回、自分が選択したカード(Yes、No、迷い)から仕事や人生を占ってくださる「マユミさん」のブースが出店されていました。

そこで見てもらいました。

「どちらかというと、表(おもて)に出ない方ですよね」と。

はい、確かにそうなんです。

(写真:米谷学さん)

のどへの負担や、全国・海外講演の体力の限界もあり、「話して伝える」から「書いて伝える」への移行についてご相談したところ、「無理して(講演)できないこともないけど、健康に続けていくなら後者のほうがいいし、合っている」とアドバイスを受けました。

46で亡くなった父のように(早くに亡くなるということに)ならないように、自分の信念にもとづいた活動を続けていくためには、講演の仕事は、今後、セーブせざるを得ない・・・・と感じました。

今日も、のどが痛いので、DAFでおなじく登壇された長谷川さんに教えていただいた飲み薬を飲み、のど飴をなめています。

伝える手段には「話して伝える」「本で伝える」「オンライン(インターネット記事)で伝える」「マスメディアで伝える」など、いくつもあります。

どんな手段であっても、受け手の方に伝わればいいのではないか・・・と思います。

ふだん、パワポに頼る講演をしているので、西澤さんに昨年依頼を受けて、DAFに登壇してみて、パワポなしで講演している人たちのパフォーマンスを見て、今回も、刺激と学びになりました。

西澤さん、みなさん、今回も、ありがとうございました!




パン・アキモトさんが999に始めた取り組みについてYahoo!News記事

パン・アキモトさんが2009年9月9日に始めた「救缶鳥プロジェクト」について、取材し、Yahoo!Newsに記事を書きました。賞味期限が近づいた備蓄食品を無駄にせず、飢餓国や被災地に寄付する取り組みです。

「9・9・9」(スリーナイン)に始めた 9(救)缶鳥プロジェクト

パン・アキモト

『生涯未婚時代』永田夏来著(イースト新書)

“昭和”の価値観は、今だに色濃く残っている。つい先日も「男性育児参加が当然」の風潮に怒り「昔は女性が一人で子どもを6、7人育て、畑仕事もしていた」と主張した、90代の女性脚本家の発言が報道された。毎回、右肩上がりの棒グラフを載せて「毎年増収増益」の企業特集を載せる全国紙、年収ランキングを頻繁に特集し、世帯人数に関わらず「高収入=是」とする経済系メディア、対前年比で必ずプラスを目指す民間企業・・・

著者は、専門分野である家族社会学の観点から、そんな過去の価値観—「結婚して家族を作るべき」「家族は良いもの」—に疑問を呈し、パンチを喰らわす。

著者の強い叫びは、最終章の一文と帯に現われている。

『未婚化・晩婚化が主張されて婚活が高い関心を集めている現在、未婚者に対する社会的な牽制はますます厳しくなっていて、そのこと自体が誰かを責めることにつながっているという点は見逃してはならないのではないでしょうか』

『結婚する人生も、しない人生も、同じぐらい尊い』

「結婚すべき論」は、恋愛をしないこと、結婚しないこと、子どもを持たないことを選択している人に対しても、見えない槍を刺す。その「べき論」は、「人としてダメ」な気にさせる。著者は、実際には生き方が多様化してきているにも関わらず、「適切な年齢までに結婚して子どもを持つのが理想」とする前提は、未婚や恋愛経験がないことへの差別を強化する社会への可能性を秘めているとし、警鐘を鳴らす。

新書ならではの良さを活かしつつ、サザエさんやおそ松さん、キョンキョン、逃げ恥、ポケモンなど、とっつきやすい事例が各章に盛り込まれており、読み進めやすい。

セクシュアルハラスメント(セクハラ)を規制する「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」が施行されてなお、デリカシーのない質問をしてくる人はいる。どんなライフスタイルを選ぶのも個人の自由であり、「結婚」は、いち選択肢であるから、未婚者を包摂する社会を構築していこうという著者の提言を、未婚者はじめ、従来の固定観念を持っている人に読んでもらいたい。