2018.2.14. 書籍『KANBUTSU -DRYでPEACEな革命』出版

サカイ 優佳子 (Yukako Sakai)さんと田平 恵美 (Emi Tabira)さんのDRYandPEACEを始め、自由大学の人気講義「乾物のある生活」から企画された書籍『KANBUTSU -DRYでPEACEな革命』出版のクラウドファンディングに参加しました。乾物の本と干しザル、スライサーを贈っていただきました!サカイさん、田平さん、チームのみなさん、ありがとうございました。書籍は2月14日に正式発売となりました。私の名前も本の奥付に入れて下さっています。

出張や講演や原稿執筆が続いていて、なかなか使うことができなかったのですが、日曜日は天気が良かったので、干し芋を作ってみました。冷蔵庫で眠っていた、いただきもののさつま芋を蒸して切って干す。乾物にすることで、野菜や果物など、日持ちしない生鮮食品は、賞味期間が長くなり、食品ロスを減らすことにも貢献します。最近、お気に入りの乾物料理は、切り干し大根のごま油&甘酢漬けです。水で戻した切り干し大根の水気をきつく絞り、ポン酢とごま油でナムル風にします。歯ごたえがあり、美味しくいただけます。

DRYandPEACEの公式サイトはこちら

DRYandPEACE

新著『誰でもできるフードバンクの作り方 未来にツケを残さない フードバンクの新しい挑戦』(高文研)

あいあいねっと(フードバンク広島)の原田 佳子 (Yoshiko Harada)さん・増井祥子さんと、フードバンク岡山の糸山 智栄 (Chie Itoyama)さん・石坂 薫 (Kaoru Ishizaka)さんの共著『誰でもできるフードバンクの作り方 未来にツケを残さない フードバンクの新しい挑戦』を贈って頂きました。大原悦子さんのご著書『フードバンクという挑戦』以来のフードバンク新刊ですね!The book of Yoshiko Harada, Shoko Masui, Chie Itoyama and Kaoru Ishizaka

「フードバンク」とは、まだ食べられるのに何らかの理由で捨てられてしまう食品を企業などから受け取り、必要とする人々に配分する活動、もしくはその活動をする組織を指します。

私は米国に本社があるグローバル企業に勤めていたので、2008年、米国本社から「日本にもフードバンクがあるよ」と連絡を受け、その年の春から、日本初のフードバンクであるセカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)に自社商品の寄贈を始め、2HJ主催のFAB (Food Advisory Board)定例会にも出席するようになりました。協力企業としてメディア取材もずいぶん受けました。

2011年の震災では、2HJのトラックに私と自社商品23万食を載せてもらい、宮城県石巻市を中心に、被災地での食料支援を行ないました。そのことが、2011年9月の退職・独立につながりました。2HJの代表チャールズさんや、すでによく知っていたスタッフの皆さんから「井出さん、会社やめたんならうちの広報をやってもらえませんか」と声をかけていただいて、2014年までの約3年間、2HJの広報を担当することになりました。

2HJ広報時代から、同じフードバンクである原田さん、糸山さん、石坂さんと交流していたので、今回の本は、これまでの歩みを一緒になぞるような気持ちで読ませていただきました。

糸山さんは、行動力のかたまりのような方。写真に映っている「おからしゅういちくん」(おからを週一回食べましょう)の普及活動や、朝食をとろうのFacebookページいい日 私の朝ごはん立ち上げなど、気づいたら、あっという間に始めていらっしゃいます。埼玉県川口市の「食品ロス削減検討チーム川口」の定例会にも、はるばる岡山県から、もう5回以上、来て下さったでしょうか。こちらも勝手に「川口メンバー」だと思っています。私の本も、何度も広めてくださり、感謝感激です。

石坂さんの調査結果は、先日、東京工業大学で開催された廃棄物資源循環学会で聴講し、東京のフードバンクと岡山との違いを興味深く拝聴しました。地域による多様性がフードバンクの持ち味だと感じます。廃棄物工学研究所の主任研究員という立場から、CO2の発生抑制という観点でのフードバンクの貢献性について語れる方は、石坂さんをおいて他にいらっしゃらないのではないでしょうか。

増井さんは、島根県安来市でのフードバンク推進委員長を務めているときに、一度だけお会いしました。現在も医療機関で管理栄養士を務めていらっしゃるとのこと、このような方がフードバンクに携わっていらっしゃるのは心強いことです。

原田さんは、ご自身の活動を冷静に俯瞰し、客観視されている点と、管理栄養士とアカデミックな立場からのアプローチが素晴らしいと感じています。原田さんのおっしゃる「フードバンクが、課題解決ではなく、課題の再生産になってしまってはいけない」という言葉が強く印象に残ります。フードバンク発祥の国である米国との違いに言及されていることや、「良いことをやっているのだから皆が支援してくれるのは当たり前、というのは誤解」というのもその通りだと共感します。自分の活動に埋没せず、自己正当化しないで、どれだけ自分や自分の組織を客観視できるか、他者目線や社会の視点が持てるかどうかが、どんな仕事においても成功のカギだと感じます。

私が現場にいたときジレンマだったのは、真に食料を必要とする人にアプローチできづらいということでした。食品ロスがたくさん企業から寄贈されることや、フードバンクが発展し、組織が大きくなっていくことは、喜ぶべきなのだろうか?ということについても考えました。 2HJの初期のスタッフと「NPO活動って”楽しい” からついつい続けてハマってしまう」「でも、本来、NPOは、課題解決したら無くしていいもの」と語ったことを覚えています。

食品ロスという社会的課題とフードバンクについて真摯に考えている方に読んで頂きたい一冊です。

ビジネス書10000冊の書評を発信する大杉潤さんが拙著『賞味期限のウソ』書評を書いてくださいました

ビジネス書10000冊を読みこみ、書評を発信していらっしゃる大杉潤さんが、拙著『賞味期限のウソ』の書評を書いてくださいました。

大杉潤さんのブログ

この本で事例として紹介している「卵の賞味期限」は、ほんの一例ですが、多くの読者の方が衝撃を受け、食べ物の無駄に驚かれます。

ぜひ、多くの方に手にとって頂きたい本です。

おかげさまで、発売3ヶ月で3刷となっています。

どうぞよろしくお願いいたします。

大杉さん、拙著のご紹介いただいて、ありがとうございました!




2017.7.5 平成29年度 川口市クリーン推進員感謝状贈呈式及び委嘱状交付式で800名に講演

今から800名の方々に講演します。


平成29年度 川口市クリーン推進員感謝状贈呈式及び委嘱状交付式。JR川口駅西口、リリア川口総合センターの音楽ホールです。

川口市のクリーン推進員とは、平成7年に始まった、廃棄物削減のための制度です。

2年間の任期で交代し、今日が新旧入れ替わりの日です。
聴いている方に伝わるよう、そして廃棄物削減の結果が出せるよう、尽力します。Give a presentation on food waste to 800 persons