iderumi の紹介

井出留美(いで・るみ)
株式会社 office 3.11 代表取締役

社会活動家。
世界13億トンの食品ロスの削減を目指す食品ロス問題の専門家。 消費生活アドバイザー (内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)。 女子栄養大学/石巻専修大学 講師、博士(栄養学)/修士(農学)。 東京大学大学院農学生命科学研究科修了。 ライオン入社後、ボランティア体験を基に提言したコンテストで 準優勝。「人の役に立ちたい」と退職、青年海外協力隊参加。 帰国後、日本ケロッグ入社。広報室長と社会貢献業務を兼任、 余剰食品を困窮者に活用するフードバンクへの支援を開始する。 3.11の食料支援時、理不尽な大量廃棄に憤りを覚えて退職。

人生の転機となった誕生日を冠した(株)office3.11設立。 フードバンク広報の依頼を受け、NPOとして史上初の PRアワードグランプリソーシャル・コミュニケーション部門 最優秀賞や農林水産省食品産業もったいない大賞食料産業局長賞へと 導く。独立後のメディア出演はNHKや日経新聞等180回。 埼玉県川口市で市議、県庁職員、商店街振興組合理事長、 パン屋、NPOなどを集めて「食品ロス削減検討チーム川口」を主宰し、 余剰食品を集めて困窮者に活用するフードドライブを実施している。

著書に「一生太らない生き方」。 NHK「おはよう日本」「あさイチ」「news Watch9」「特報首都圏」 「週刊ニュース深読み」「オイコノミア」NHK World、 テレビ東京「ガイアの夜明け」等出演多数。 「すべての人が安心して食べられる、笑顔で暮らすことができる社会」 を目標に、「食」の課題を伝える活動を続けている。
http://www.office311.jp/profile.html#pro

イデルミ物語 2017年バージョン作成中。予告編を公開

2011年に独立してから毎年、イラストレーターの高橋 カオリ (Kaori Takahashi)さんに描いて頂いている自己紹介マンガ「イデルミ物語」。その年に起こったことのエッセンスをA4一枚のマンガにし、初対面の方への自己紹介や、学生向けキャリア講演などで活用しています。第7回目となる2017年バージョンは、来月12月に完成予定です。公式サイトに、これまでのをすべて載せています。イデルミ物語

いま高橋カオリさんに描いて頂いている10数コマのうち、1コマを「予告編」として公開します(ラフ案です)。打っても打っても打たれるイデルミ(笑)Ide Rumi Story English Version イデルミ物語(英語)

2017.10.31 第1回食品ロス削減全国大会(長野県松本市)

【紅葉の長野県松本市へ】2017年10月30〜31日の第1回食品ロス削減全国大会が無事閉会しました。

最終日の今日は、国(農林水産省、環境省、消費者庁)と、全国から集まった自治体との意見交換会でした。自治体職員限定でしたが、ちゃっかり入れてもらいました。

一連の行事のうち、9月24日の銀座Naganoでのプレイベントと10月29日のイオンモール松本でのプレイベントで登壇させていただきました。

今年は松本にご縁があるなあ。。と思っていましたら、そういえば母方の祖父は長野県松本市出身でした。

松本市発祥の30・10(さんまるいちまる)が全国に拡がったことは、ひとつの市の取り組みでも全国区になり得るという証明になりました!The 1st Food-Waste Reduction Symposium

第1回食品ロス削減全国大会プレイベントで登壇

【御礼】環境省・農林水産省・消費者庁共催、第一回食品ロス削減全国大会のプレイベントトークショー(於: 長野県松本市)で登壇しました。

広島から原田 佳子さん、宮城県仙台市・静岡市・富山県からは行政の環境部局の方々が聴きに来てくださいました(原田さんご著書を会場で紹介)。

宴会の食べ残しゼロを目指す「30・10(さんまるいちまる)運動」発案の長野県松本市長に、初めてご挨拶できました。

会場となったイオンモールの書店には拙著『賞味期限のウソ』(幻冬舎新書)コーナーを作って下さっていました。

松本市のみなさま、関係者のみなさま、台風の近づく雨の中、ありがとうございました。

Give a presentation on food waste

2017.10.29 第1回食品ロス削減全国大会プレイベントトークショーに登壇

あずさ2号、じゃなくて、スーパーあずさ11号に乗って松本へ!

ゆる鉄子、興奮して写真を撮りまくり。駅員さんの不審そうな表情 笑

品川に期間限定開店したという「鉄道カラオケ」に行ってみたい Business trip to Matsumoto, Nagano

第1回食品ロス削減全国大会プレイベントトークショーに登壇します(於: イオンモール松本)

https://www.city.matsumoto.nagano.jp/smph/shisei/kankyojoho/haikibutu/syokuhin_loss/pre.html

2017年10月25日 津田塾大学総合政策学部「キャリア入門B」でキャリアに関する講義

2017年10月25日、津田塾大学総合政策学部「キャリア入門B」で、キャリアに関する講義の機会をいただきました。

2008年に出逢って以来、お世話になっている、書籍『フードバンクという挑戦』の著者、大原悦子さんにお声がけいただきました。

この講義はオムニバス形式になっていて、毎週、いろんな講師の方が登壇されます。

全員が、津田塾のOG。唯一、わたしは津田のOGではないのに、誘っていただきました。その理由について、大原さんは

「井出さんは、いろんな経験をしていて、とてもユニークなキャリアであること」

「課題解決ということで、社会の大きな課題である食品ロスに対し、行動し、発言し、啓蒙していっている。その情熱と努力をみなさんにも知ってもらいたい」とおっしゃっていただきました。

大原さんから事前に「こんなことを話してください」とお知らせ頂いていたので、それに対するQ&Aも準備していました。メモ程度ですけどね。

たとえば・・・・

Q 苦労や喜び、やりがいは?

A臨床試験に基づく英語論文を世界に発信し、各国から反響があったとき。

 社会を変革すること、すこしでも良い方向に変えられたときに喜びを感じる。

 「ジャーナリズムとは社会的弱者の代弁者」という言葉もある。
 食品業界の中で、食品メーカーは商慣習に従う弱者。その代弁者になりたい。

 伝える方法を工夫してきた。2003年から講演を頼まれるようになってきた。もっと伝えたいと思ったとき、本の出版を考えた。もっと伝えたいと思ったとき、本の編集長からYahoo!News個人オーサー(執筆者)に推薦していただき、審査に合格し、記事を執筆するようになれた。

Q 転機は?

A 46 歳だった父の死、ライオン(株)の退職、日本ケロッグの退職、独立。

Q 心がけてきたこと、大切にしてきたこと

A 自分の心の中から湧き出てくることを大切にする。見栄えや外聞ではなく。
 大きな改革ほど小さな改善からしか為し得ない。
 将棋で名を馳せている中学生もそうだと思う。

Q いまの仕事にかける思い
A 明日死ぬかもしれないので命あるうちにできることをやり遂げておく。
 書き残したものは、死んでも遺る。社会に発信するものは遺書でもある。

Q 学生時代、どう過ごし、それが今にどうつながっているか
 体育会で基礎体力や気力・精神力がついた。自分の個性の発見(粘り)

Q 学生にアドバイスしたいこと
 福岡伸一さん・・・全ては分子の塊。今日のあなたはきのうのあなたと違う。
 茂木健一郎さん・・・ファーストペンギン。欠点と弱点、コンプレックスがあるほどチャンス。「女のくせに」と言われたら、その男性は科学者ではない。

お勧めの映画・・『ショーシャンクの空に』『ドリーム』小津安二郎監督の映画
 『HELP』→“Go find your life” (あなたの人生を切り開きなさい)

書籍・・『女と仕事 私の方法』(三笠書房)『プロ論。2』(徳間書店)
『君の思いは必ず実現する』(財界研究所)

今回は、朝日ネットさんが開発されたシステム「respon(レスポン)」を使い、学生のみなさんにアンケートもとってみました。

Q これからのキャリアに不安はありますか?

A はい 89.2% いいえ 8% わからない 2.7%

Q飲食店でアルバイトしたことがありますか?(もしくは今していますか?)

A はい 73% いいえ 27%

Q 飲食店のバイトで食べ物を捨てたことがありますか?

A はい 67% いいえ 2% わからない 29.7%

ほかにも自由回答で、「どんな食べ物をどれくらいの量捨てましたか?」「講演で聞きたいことはありますか?」などの質問をしました。

今回の写真は、インターンに来てくださった女子大学生に撮影頂きました。ありがとうございました。

聴講してくださったみなさま、ありがとうございました。

そして、講義の機会をいただいた、大原悦子さん、本当にありがとうございました。