iderumi の紹介

井出留美(いで・るみ) 株式会社 office 3.11 代表取締役 社会活動家。 世界13億トンの食品ロスの削減を目指す食品ロス問題の専門家。 消費生活アドバイザー (内閣総理大臣及び経済産業大臣事業認定資格)。 女子栄養大学/石巻専修大学 講師、博士(栄養学)/修士(農学)。 東京大学大学院農学生命科学研究科修了。 ライオン入社後、ボランティア体験を基に提言したコンテストで 準優勝。「人の役に立ちたい」と退職、青年海外協力隊参加。 帰国後、日本ケロッグ入社。広報室長と社会貢献業務を兼任、 余剰食品を困窮者に活用するフードバンクへの支援を開始する。 3.11の食料支援時、理不尽な大量廃棄に憤りを覚えて退職。 人生の転機となった誕生日を冠した(株)office3.11設立。 フードバンク広報の依頼を受け、NPOとして史上初の PRアワードグランプリソーシャル・コミュニケーション部門 最優秀賞や農林水産省食品産業もったいない大賞食料産業局長賞へと 導く。独立後のメディア出演はNHKや日経新聞等180回。 埼玉県川口市で市議、県庁職員、商店街振興組合理事長、 パン屋、NPOなどを集めて「食品ロス削減検討チーム川口」を主宰し、 余剰食品を集めて困窮者に活用するフードドライブを実施している。 著書に「一生太らない生き方」。 NHK「おはよう日本」「あさイチ」「news Watch9」「特報首都圏」 「週刊ニュース深読み」「オイコノミア」NHK World、 テレビ東京「ガイアの夜明け」等出演多数。 「すべての人が安心して食べられる、笑顔で暮らすことができる社会」 を目標に、「食」の課題を伝える活動を続けている。 http://www.office311.jp/profile.html#pro

人にものを依頼するときの10ポイント

今年の5月ごろ・・・つまり4ヶ月前に、このテーマでまとめて書こう。と思っていながら、今まで過ぎてしまいました。

人にものを頼むときの10ポイント。

1、できるだけ、相手の手間をかけない。

前職で、社内アンケートを頼んだとき、全社員120数名のうち、107名から回答をもらったことがありました。そのときは、「忙しい中、メールの文章を書くのも大変だと思うから、数字で回答をもらおう」と考え、「1文字でいいので、選択肢のうち、答えを選んでおくってください」とお願いしました。

結果的には、多くの社員が、自由回答をたくさん書いてくれることになりました。

2、基本的に当事者が(依頼)する

人に頼む、丸投げする、というのは、「この人にお願いしたい」という強い思いが伝わりづらいと感じます。

3、目的を明確に

目的があいまいなまま、頼まれることがあるので・・・

4、(依頼する)相手にとってのメリットを考える

自分の都合だけで「勉強したいので」と頼んで来られると、ちょっと・・・

相手の貴重な時間をいただくからには、相手の方にとってのメリットも考えたいところです。

5、日にちは具体的に

頼まれる側が候補日を選ぶのではなく、頼む側が手間をかけて、候補の日時を挙げて提示すべきと思います。

6、かかる時間を具体的に

取材などでもそうですが、何時から何時まで空けておけばいいのかわからないと、後ろに予定を入れられません。

具体的に、その仕事にかかる時間を明確に。

7、金額を具体的に

謝礼、報酬などを、最初に示していただけるとありがたいです。仕事なので・・・

8、直接会う場合、場所の選択も、お願いする相手の負担をかけない

「会いたい!」と頼まれた相手が、場所の指定をしてくれなくて、頼まれたこちらが場所を探す・・というのは、少し違うと思います。

9、お茶代や食事代などは、依頼した側が持つ

これは常識かな。

10、御礼、感謝の気持ちを伝える

当然のこと。

以上です。

2017年10月12日、ファベックス関西(日本食糧新聞社主催)で「食品事業者の食品ロス削減のアプローチ 10の視点」講演

2017年10月12日、日本食糧新聞社主催、ファベックス関西で「食品事業者の食品ロス削減のアプローチ 10の視点」の講演をします。

ファベックス関西 セミナー

講演や取材続きで、のどを痛めてしまって・・・いま養生中です。