2017年11月28日 農林水産省ASEAN食産業人材育成事業の一環でミャンマー・イエジン農業大学で120分食品ロスの講義

2017年11月28日、農林水産省ASEAN食産業人材育成事業の一環で、ミャンマー・ネピドー(Nay Pyi Taw, Myanmar)のイエジン農業大学で120分の講義をしました。通訳してくださったのは、テッテッさんです。

今回、参加した大学は次の4つで、全部で42名です。

Yezin Agricultural University
Veterinary University
Co-operative University, Saging
Co-operative University, (地名わからず)

修士課程や博士後期課程の学生、社会人の学生もいらっしゃいました。受講態度は真摯で、難しい内容の講義でも懸命にメモをとり、一番後ろの座席でも、講師の言葉に耳を傾け、うなずいている学生もいました。そして、講義の後、本当によく質問をしていました。受講者のうちの4分の1ぐらいが質問しました。

また、指導する先生も、日本をはじめとする海外で学位を取得した方が多く、今回の講義に同席した女性の先生のお一人は、東京農工大学で修士号と博士号を、もう一人は東京農業大学で修士号と博士号を取得していました。

この農林水産省事業は、ASEAN諸国10カ国の大学へ、日本のフードバリューチェーンについて指導することのできる人材を講師として送り込み、大学で2週間のプログラムを実践し、受講するというものです。

今回は、農林水産省、イオンリテール、日清食品、キッコーマン、ヤクルト、日清食品、吉野家、NECソリューションイノベーター、三井住友銀行、ヤマトグローバルロジスティクスジャパンなど、27人の専門家が順番にミャンマーに入国し、それぞれの専門分野について講義をおこないました。

この2週間のプログラムで、私はたまたま「トリ」を務めました。

今年2017年の2月にはタイのカセサート大学で、6月にカンボジアの王立農業大学で、このプロジェクトの一環で、それぞれ180分間の講義をおこないました。

どの国の講義も、テーマとしては「食品ロス」。毎回、食品ロス削減のための商品開発をおこない、プレゼンテーションしてもらう、という企画にしました。

世界的な背景として、2050年までに世界人口が90億人を超え、食品が足りなくなるので、いまある食資源を大切に消費しないといけないこと。国連が、2015年秋のサミットで、「2030年までに世界の食料廃棄を半減させる」という目標を定めたので、ミャンマーも含めて、世界で食品ロスを減らさなければならないということを説明しました。

前半の講義だけではなく、ワークショップとプレゼンテーションをおこないました。今回は、ミャンマーの農産物を使い、日本向けに輸出するための農産物加工品を開発してもらいました。

ASEAN諸国すべてに言えることですが、吸収力や貪欲さが深く、素晴らしい。

今回の4グループは、それぞれ、バナナチップ、アスパラガスの缶詰、トマトの缶詰、バナナワインなど複数の商品を開発してくれました。

優勝チームはバナナワインのチーム。日本から持参した、パン・アキモト社のパンの缶詰をプレゼントしました。

ほかのチームはジャンケンしてもらい、ラムネ、コロロ(菓子)、エビ煎餅をプレゼントしました。

ありがとうございました。

農林水産省ASEAN食産業人材育成事業でミャンマーのイエジン農業大学へ

農林水産省ASEAN食産業人材育成事業で、ミャンマーのイエジン農業大学へ来ています。

宮古島へ行って、帰ってそのままなので、ちょっと疲れました・・・・

このプロジェクトは、農林水産省が、ASEAN諸国10カ国の大学と連携し、日本から、フードバリューチェーンについて指導することのできる専門家(おもに大手企業の社員)を送り込み、2週間のプログラムを実践するというもの。

4つの大学から学生が集まるそうです。

私は2月にタイのカセサート大学、6月にカンボジアの王立農業大学へいき、今回のミャンマーが3度目です。

双方向の講義にできるよう尽力します。

2017.11.18 渋谷教育学園幕張高等学校(SGH=スーパー・グローバル・ハイスクール)1年生360名に食品ロスとキャリア講演

昨日11月17日の東京都日野市議会での「フードロス」講演に続き、今回で3回目となる、渋谷教育学園幕張高等学校(千葉県)でのSGH(スーパー・グローバル・ハイスクール)講演で、高等学校一年生360名に、食のキャリアと食品ロスについてお話ししました。かなり盛りだくさんですが、前半で食のキャリアについて、後半で食品ロスについてのお話です。

クイズの答え合わせが済むたびドッと歓声が沸き起こり、質疑応答の質問の質も高く、お話しし甲斐がありました。

キャリアのパートについては、特に女子生徒さんに参考になった、と、ご担当の先生からコメントがあったと伺いました。

本日、生徒の皆さんから出された質問としては、次のようなものがありました。

Q アメリカのフードバンクでは、(寄贈企業に対する)免責制度や、寄付することによる税制優遇があり、かなり発達しているようだが、日本ではそのような法整備ができる動きはあるのか?

Q 日本のスーパーマーケットの中で、フードバンクに協力している企業は、何社くらいあるのか?

Q 賞味期限表示を、年月日表示から年月表示に変更することにより、トレーサビリティ(追跡可能性)はどのように確保するのか?

Q フードドライブでは、食の安全性をどのように担保するのか?

Q  国連は、昆虫食をタンパク源として推奨しているとのことだが、お勧めの昆虫食や、栄養価の高い昆虫というのはあるのか?

Q  教育やSDGsなど、国はもっと力を入れて法整備などを整えていくべきではないのか?

2年前に講演を企画して呼んでくださったYuika Ukaiさん、Ukaiさんに私を紹介してくれたJaki Tagubaseさん、拙著『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』と自己紹介マンガ「イデルミ物語」を全10クラスに導入してくださった教頭先生、ありがとうございました。Lecture on food loss

2017.11.17 東京都日野市議会の年一回の研修で「フードロスについて」講演

東京都日野市議会の年一回の研修で「フードロスについて」講演させていただきました。

セカンドハーベスト・ジャパン時代にも講演を聴いてくださったという峯岸 弘行 (Hiroyuki Minegishi)さんが撮ってくださった写真をお借りしました。

日野市は平成12年からごみ改革を続けており、環境省発表のランキングで全国3位の少なさです(人口区分3つのうち、人口10万〜50万人の部)。

ありがとうございました。

2017年11月7日 埼玉県川口市の川口商工会議所青年部(YEG)例会「川口市は全国一を狙うことができる!賞味期限のウソ 食品ロスをなくすために」で講演

2017年11月7日、埼玉県川口市の川口商工会議所青年部(YEG)の例会で、「川口市は全国一を狙うことができる!~賞味期限のウソ。食品ロスをなくすために~」を企画していただき、そごう川口10階のダリヤルームで開催されました。

食品ロス削減検討チーム川口でご一緒している川口市会議員の奥富精一さんや、朝日環境センターの浅羽理恵さんが聴いてくださいました。ありがとうございました!(以下、奥富さんがランキングまとめてくださったのを引用します)。

環境省が毎年発表している、市区町村ごとの、一日一人あたりのごみ発生量のランキング(環境省発表、平成27年度)。川口市は「人口50万人以上の都市」に相当し、いまのところ全国5位というランキングです。一人あたり一日50gだけ減らせば、充分、「全国一位」になれるのです。

第1位 八王子市 813.3g
第2位 松山市  817.5g
第3位 広島市  853.6g
第4位 横浜市  866.4g
第5位 川口市  867.3g

京都市では、平成12年に80万トンあった年間のごみ量を、いま半減近く減らしてきています(40万トン台)。ぜひ川口市も頑張って削減し、その分を福祉や教育などに活用していきたいです。