2017年3月7日 エキサイトニュースに女性セブンの取材記事転載 「食品ロスの背景に歳時記と欠品より余る方がマシとの考え方」

2017年3月7日付のエキサイトニュースに、先日3月2日に発売された「女性セブン」の取材記事を転載していただいていました。

タイトルにある「欠品より余る方がマシとの考え方」について指摘しました。

私が述べた部分について、下記に引用します。

以下、引用
——————————————–
日本には“欠品ペナルティ”や“3分の1ルール”といった特有の商習慣がある。それらがどんな不利益を生むのか。
『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書)の著者で、食品ロス問題に詳しい井出留美さんに聞いた。
「卸やメーカーが納品できなかった時に、スーパーなどの小売店が課す罰金(欠品粗利保証金)が“欠品ペナルティ”です。欠品で商品棚を空けるとそのスペースが競合メーカーに奪われたり、最悪の場合、取引停止となります。
 そのため、多くのメーカーは“欠品によってそれほどの不利益が生じるなら、たくさん作って余らせて捨てた方がマシ”という意識になり、絶対に欠品しないよう、過剰に在庫を準備するのです」

 では「3分の1ルール」とはどんなものだろう?
「賞味期限を3分の1ずつに区切り、最初の3分の1を“納品期限”、次の3分の1を“販売期限”とするものです。
たとえば、賞味期限6か月の菓子の場合、メーカーや卸は最初の3分の1内(製造してから2か月以内)に小売店に納品しなければならず、それを過ぎると納品不可となる。そして、次の2か月内(製造から4か月以内)が販売期限で、それを超えると基本的に店頭から撤去され、廃棄対象となる。賞味期限を2か月間残しているにもかかわらず、です」(井出さん)

前出・井出さんも言う。
「もちろん、日常的に必要な食品もありますが、そうではないものも常に満タンになっていないと消費者は気がすまない。その“当たり前”を変えるだけで、今100円で売られているものが80円になるかもしれません」(井出さん)
※女性セブン2017年3月16日号
————————————-
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170307/Postseven_498716.html

以上、引用終わり

スポンサードリンク



岐路に立ったら自分の心の内側に問う

春は進学シーズン。
高校3年のとき、食物学科への進学は決めていた。あとは大学を選ぶだけという段になり、担任教師は東京の国立女子大学を勧め、亡くなる一年前の父は東京の私立女子大学を勧めた。が、自分は奈良を選んだ。今も奈良に来ると、真の意味で “呼吸” できる気がする。17歳のあの選択があったから、その後のキャリアで岐路に立ったときも、誰か他の人の価値観に従うことなく、自分のこころの内側に問うて決めているように思う。みんなが行く方向に進むことが必ずしも自分の幸せとは限らない。みんなと違うことをやるのは勇気が要るが、自分のこころがNOと言っているのにYESの仮面を被って生きていては、奇跡的に授かって今まで生き永らえている自分の命は、おそらく全うされない。Nara- My favorite place

2017年3月2日発売『女性セブン』に取材内容掲載、食品ロス特集6ページ

これから西へ。
本日3月2日発売の『女性セブン』(発行部数: 362,727部)に食品ロス特集が6ページ!掲載されています(p50-55)。フランス•イギリス渡航中に取材原稿を校正したものです。今回の視察の団長、小林富雄先生の取材内容も載っています。そして、2011年から毎年、自己紹介マンガ「イデルミ物語」を描いてくださっている高橋 カオリさんが、拙著『賞味期限のウソ』にある「家庭でできる10カ条」の中からピックアップした4点にイラストを描いてくださっています!ぜひご覧くださいませ〜。The weekly magazine “Josei Seven” featured food loss, I took an interview

助手席理論

【助手席理論】

『助手席に座ってると眠くなる。自分で運転してると眠くならない。大学の講義で寝るのは みんな”助手席”に座ってるから。』

陰山 孔貴 (Yoshiki Kageyama)さんが出演された「渋谷のラジオ」で、対談相手の角田陽一郎さん(テレビプロデューサー)が語っていた言葉。

テレビの世界で『アシスタントディレクターがディレクターになる瞬間がわかる』と。

それは「いくら徹夜してても会議の場で寝ないかどうか」。

「”自分がドライバーだ”という気概を持っているかどうか」がそこで判断できるそうです。

はたして自分は人生のドライバーになっているか?

”助手席” に座ってやいないか?

月曜の朝から通勤電車で眠りこける人々を見ていると、助手席どころか、荷馬車に乗せられた子牛(ドナドナの歌)を思い起こします。

スポンサードリンク




西山美紀さんに取材頂いた記事がビジネスジャーナルに掲載されました

ファイナンシャルプランナーの西山 美紀さんにインタビューして頂いた記事がビジネスジャーナルに掲載されました。

西山美紀さんは、ご著書『お金が貯まる「体質」のつくり方』が好評の著者さんです。

日本では一世帯4人あたり年間60,000円分の食べ物を捨てています。

1万円札が6枚あったら、それをゴミ箱に捨てる人はいないと思いますが、食べ物に変身すると、なぜか捨てちゃうんですね・・。

安全性を考慮してということもあるでしょうが、「賞味期限」は「短めに設定された美味しさの目安」ですからすぐ捨てなくてもいいのです。

食べ物はお金でもあります。

賞味期限のカラクリをきちんと理解すれば、食費が安くなり、家計が助かります。

このことが日本じゅうに広がることを願っています。

西山美紀さん、取材していただいて、ありがとうございました!

Appear on Business Journal as the author of the book “Possible countermeasures to reduce food loss”

ビジネスジャーナルの記事はこちら
http://biz-journal.jp/2017/02/post_18045.html

西山美紀さんのブログ http://ameblo.jp/nishiyamamiki/

スポンサードリンク